So-net無料ブログ作成

AU REVOIR LES ENFANTS [home]

CIMG2864-2.jpg
IMGP1216-2.jpg

息子の中学最後の運動会。
そして娘の小学校最後の運動会が終了しました。

特に娘の運動会は感慨もひとしおです。
息子の幼稚園からずっと家族で食べてきた運動会のお弁当タイムも終了。
今年と昨年には息子はもう娘の運動会には来なかったし、娘を交えてのお弁当タイムももう二度とないのかも知れないななんて思うとちょっとしんみりしたりね。
そして6年生のすごく印象的な組体操の終了後の「ありがとうございました!」の挨拶に、息子〜娘の参加してきた小学校の運動会の様々なシーンが、まさしく走馬灯のように頭をよぎりちょっとウルッときちゃいました。

娘は来年中学生。
中学生の間は多分、応援に駆けつけると思います。
でも息子が行く高校の場所にもよりますが、高校生になったらそうそう行く機会もなくなるのだろうなと思っています。
ま、3年生の体育祭くらいは行くかも知れませんけれども。w

****

あんなに可愛かった子供たちが大きくなってゆくことはそれはそれで喜びです。
でも過ぎ去る時間のひとつひとつが、今を名残惜しむかのような色彩を帯びて僕らの目の前を通り過ぎます。
子供たちは大きくなって僕たちから巣立とうと準備を始める時期なんですね。
節目節目で今がその時なんだなぁと認識するたびに、美しい過去の記憶が愛おしく輝くのです。
でも、二度と戻らない過去にある素敵な瞬間の数々が輝けば輝くほど、これからの大路をゆこうとする子供たちの大きな力になるものです。
彼らにとって、力になるような時間を過ごせてきたかどうかは自信はないのですけれども。
それでも、僕も子供たちとの素敵な時間の記憶が、これからを生きる大きな力になっていますからね。

幼い子供たちと生み出してきた輝くような記憶と時間はもう戻りません。
でも形は変われども、僕と子供たちとの時間はこれからも続くし、また違った色彩で彩られてゆくと思います。

さよなら幼い僕の子供たち。
僕の子供に生まれてきてくれて、
僕と一緒に過ごしてきてくれてありがとう。
大きくなっても
これからもどうぞよろしくだよ。w

Mahalo!


Mary Macgregor - Sayonara


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(105)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原爆ドームで金閣寺 [home]

IMGP1061.jpg

息子が修学旅行に行ってました。
人生で多くて3回しか行けない楽しいイベントですよね。
友達と過ごす旅は一生の思い出になるシーンやエピソードをいくつか生み出してくれます。
きっと息子も旅行の直前はさぞ楽しみだったことでしょう。

今回の行先は広島と京都。
しかも京都の宿泊先は、毎年帰省している奥さんの実家の目と鼻の先。
ずいぶん前からその時はちょこっと顔を出すからっておばあちゃんに言ってましたけどね。
ホンマに行けるんかいなと僕は思ってましたが、おばあちゃんは当然ものすごく楽しみにしてましたよ。

****

初日は広島。
原爆ドームでブルーになってからお好み焼きを食べるという苦行。
そして2日目は京都。
班で行動して自分たちで立てた計画通りに市内を観光して回るわけです。

夕方くらいから実家のおばあちゃんはワクワク。
おこずかいとおやつを用意して外を見たり通りまで出てみたり。
可愛い孫がすぐ近くに来る。
それどころか顔を出してくれると言っていたわけですからね。

でも結局息子は現れませんでした。
息子もイロイロ算段したのでしょうが、そもそも学校行事でもあり友達とも行動を共にしているわけだから、そうそう自由になれるはずもないわけでね。
おばあちゃんは当然ものすごくがっかり。
ちょっと可哀相なことになっちゃいました。

****

修学旅行での思い出といえば枕投げ。
もうやらないのかな。
勝手に自分の部屋以外の部屋で寝たりね。
きっと楽しい思い出満載の旅になったに違いありません。

最終日の翌朝。
班のみんなと観光する前に
おばあちゃん家に息子がひょっこり現れたそうです。
班のみんなと一緒に。
広島のお土産を持って。
一人行動が無理なら班行動のルートにぶち込むという暴挙に出たというわけです。(笑)
よかったよ、マジで。
新幹線で食べとか言うて、おばあちゃんはいよかんを手渡そうとしましたが息子は丁重にお断りをしたそうです。w w
当たり前やがな。(笑)
でも息子の広島土産の生もみじまんじゅうはめちゃめちゃ美味しかったそうです。
「海ちゃん男前やったわ〜」
おばあちゃんも大喜びでよかったです。

しかし息子よ。
我が家に広島の土産がないのはどういうわけやねん!!
八つ橋ばっかりいらんねん!!

Mahalo!


Eric Carmen - All By Myself


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation



nice!(87)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

31 [home]

IMGP0800.jpg

娘の11歳の誕生日を迎えました。
大きくなったもので。
バレーボールもまた1部に引き上げられて半補欠でも頑張っています。
来年はライトのアタッカーでレギュラー奪取してください。(笑)

そんな娘のお誕生日は今年もサーティワンのアイスケーキ。
サーティワンのアイスが大好きな娘の夢のケーキというわけですね。
美味しくみんなでいただきました。w
誕生日プレゼントはスケボーが欲しかったらしくて、それを無事ゲット。w
まあ湘南の子供は必ず通る道?的なね。

娘にとったらこの12月は欲しいものの稼ぎ時。
お誕生日プレゼントがパパ&ママからと淀のジージ&バーバからと西陣のジージ&バーバからの3稼ぎ。
すぐ後に控えてるクリスマスには上記3稼ぎプラスサンタさんからのプレゼントということで4稼ぎ。
そのすぐ後にはお年玉が控えているというハッピーラッキーマンスリーなわけなんですよね。
お誕生日がクリスマスに近い子供がよくお祝いを一緒にされたという話を聞いたことがありました。
自分の子供には絶対にそんなことしないぞ!と心に決めた若きポリシーが今になって家計を直撃することになるなんて。(笑)
まあ、でもこういうことが出来るのもあと何年かなんでね。
ポリシーを曲げないで済んでるうちに大人になってくださいな。w

****

サーティワンといいますが、正式にはバスキン・ロビンス。
31という数字には「31種類のアイスがあるので1ヶ月31日間毎日楽しめますよ」というのがコンセプトだったと聞いています。
実際には四角い冷蔵ボックスにあるのは32種類。
違えじゃん!w w
でもね、ロゴを見ていて感心するんです。

baskin-robbins.jpeg



baskin_robbins_logo.jpeg
Baskin-Robbins%20Logo_2012.jpeg



Baskin-Robbins%20Logo_2012.jpg



Baskin-Robbins%20Logo_2012-2.jpg

そう。
RとBの間で31がデザインされてるんですね。

スタートの時からならデザイナー的な視点を持った人が創業に関わってたことになりますし、ロゴをリニューアルした時のものなら、すでに確固たる地位を築いているブランドロゴにこんなアイデアの隙間を見出すなんて、どっちにしてもデザイナーの勝利なんだと思うのですよね。
しかも44、11、10と並んで僕の生涯のラッキーナンバーとしてる31だし。w
しかも美味しいし。
いやあ。素晴らしい。

冬でもアイスはやっぱ最高だ!w

マハロ!
mahalo !


Gabrielle Aplin - Home

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(59)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイコン [home]

我が家に来たことがある人にはおなじみの家具があります。
いや、おなじみというよりもアイコン的に印象に残るものらしいです。
それがこれ。

DVC00022.jpg
コカコーラの瓶用冷蔵庫です。
多分70年代頃のモノでメーカーはナショナル(現パナソニック)製。
僕が一人暮らしどころかまだ実家にいた頃からのお付き合いなんですね。
随分と長いお付き合いになったものです。w w

****

僕がまだ21か22歳の頃。
1985年とか86年とかその辺り。
京都の楽器屋でアルバイトをしながらバンド活動に明け暮れていた若き夢みる若造だった頃のお話です。

僕の周りには魅力的なお兄さんお姉さんたちがたくさんいてね。
その頃の僕はちょっと年上のお兄さんお姉さんに結構可愛がられていました。w
レコード屋や楽器屋でバイトをしてましたから、必然的に音楽に造詣が深い人たちが周りには多くてね。
色んな音楽を教えてもらったし、僕の音楽的な嗜好のベースを作っていった時期でもあるわけです。
当然時代的には、アメリカに憧れた人たちが周りにはたくさんいましてね。
昔流行ったパブミラーやネオンサインなんかを家に飾っているとオシャレ、みたいな時代だったんですよね。(笑)

そんなアメリカ大好きなお兄さんたちの中の一人がちょっとした引越がありましてね。

「彼女と別れたから別の場所に引越すんで、いらなくなった家具があるけどいらんか?」
「どんなんですか?」
「コカコーラの冷蔵庫。お店とかに置いてあるやつ」
「ええ?ただですか?欲しいです!」
「運んでくれるんやったらあげるわ」

そんなこんなのきっかけで、バイト先の別のお兄さんのハイエースで運んでもらってこいつが我が家にやってきました。
当初は自分の実家の自分の部屋に持ち込んで、冷蔵庫として使ってたんです。
2階の部屋にバンドメンバー4人で運んでもらってね。w
でもそこは業務用。
型も古いのでモーター音がハンパないし、電気代が恐ろしいことに。
なので一人暮らしを始める際にモーターを取っちゃってただのラックにしちゃったんですね。
その頃は中に本を入れたりビデオテープを並べてました。
でも部屋のオブジェとしては素晴らしい存在感でしたよ。w

結婚でも新居に持ち込み、乾物入れとして再デビュー。
その時からこいつは乾物収納庫として不動の地位を築いていますから。
今回の引越でも娘が「これは捨てないで」の一言で堂々と引越組の家具の仲間入りとなったわけでね。
我が家のアイコン的存在としてずっと側に居続けてくれてるこの冷蔵庫ラック。
もう30年近くのお付き合い。
えらいでっかい栓抜きとしては未だバリバリの現役です。
これからもきっとこの家の可愛いアイコンとして存在し続けてくれると思います。

もし我が家に来たら、「おお!こいつか!」と言ってやってくださいませ。w

マハロ!
mahalo !


Takuro_Ryusei

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(71)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思い込み [home]

IMGP0273.jpg

今年はお引越があったせいもあり、かなりのモノを手放しました。
それこそ僕の青春のすべてだった音楽関係の機材なども含め、使うあてもないのにどうしても手放しきれなかったものを遂に手放したんです。

まずは僕の家のアイコン的存在でもあったアナログレコード。
今の今まで、購入したり譲ってもらったりして手に入れたレコードはほとんど手放してこなかったのです。
それを新居にはどうしてもすべてを収納出来ないので厳選して200枚ほど手放すことにしました。
でも実際に選別してると、案外必要ないと思えるレコードがたくさんありましたよ。w w
まだ1200枚ほどありますが、おかげで今残ってるレコードは名盤ばかりです。w

CDも同じく厳選。
CDは思い入れのあるものがそもそも少ないので、「こんなの持ってたのか?」みたいなものが所有総数の3分の1くらいありました。汗
こちらはなんの未練もなく処分。
それでも奥さんは処分されるCDの山を見て
「普通の人の一生分」
とか言って冷やかします。w

TEACの1/2インチ8chオープンデッキやコンソール。
ディレイやエンハンサーなどの録音機材やラック式エフェクターの数々。
YAMAHAのリズムボックスやシーケンサー。
マイクスタンドや大きなスタジオが出来るくらいに大量のシールド類。
そしてDX-7やアルティメイトのキーボードスタンドなど、
新居のどこにも収納不可能な機材類はすべて処分しました。
実際に持っていてももう使い物にならない古い機材ばかりです。
それでもオークションに出品すれば高価がつきそうなものだけは残してね。(笑)

雑誌類も1980年代から残していた『Number』もすべて処分。
資料にとかいって残してたおびただしい雑誌の数々をほとんど処分いたしました。
書籍も本当に気に入ってるハードカバーの書籍を残してかなり処分。
ベスパも穴のあいたサーフボードもすべて処分しちゃったんです。

IMGP0275.jpg

捨てる理由のないものや、どうしても捨てきれないものを残して、
20年以上も所持してきたものたちを手放すにはかなりの思い切りを必要としましたよ。
すぐにモノを捨てられる人は情に薄い傾向が間違いなくあるような気がしますがどうでしょう?笑
僕はそれがなかなか出来ないんですね。
なんて情に厚いというアピールをここでさりげなく。w w
まあとどのつまりは想いの詰まったものをなかなか捨てられないんです。
逆に言うと自分的に想いの詰まってないモノはすぐ捨てちゃいます。
卒業アルバムとか手元に残ってないしね。w (どっちが薄情なんだか 笑)
なので必然的に(自分だけには)意味のあるものがドンドン増えてしまうのです。
でもね、今回はその思い切りが良かったと思ってます。

もちろん手放したことに今でも哀しい想いが残ってるものもありますよ。
それでも、この新しい生活を始めるにあたって、古い呪縛から切り離されるのではないか、という思いもあるんです。
言葉に魂や運命が「言霊」として宿るのなら、
モノにも思念や怨念などの魂が宿っている可能性はあるわけです。

古い思い出は写真や記憶の中に。
そしてモノ自体は手元から離し弔う。
そうすることによって浄化された想いが新しい運を運んでくれるんじゃないかという錯覚。
僕はこの錯覚が大事なんじゃないかと思ったんですね。
だって人間は「思い込み」の中でしか生きられないわけでね。
新しい出発を迎えた実感を得ることは大切なことなんだと思うんですよ。
その実感は「思い込み」です。
でもそこに、新たな運をまっさらで向かえる秘訣がきっと潜んでいるはずなんですね。

僕を創って来てくれたモノたちにさよなら。
でも今、運が回ってきてる感じがありますから。
ポジティブな未来への「思い込み」は必ず実現もするはず。
これからもいい「思い込み」を続けてゆこうと思います。

マハロ!
mahalo !


Irfan Makki feat. Maher Zain - I Believe

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(83)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ささやか [home]

引越自体は終わりましたが、
新居の整理がまだまだつきません。
お金がまったくなくなったので思うような進捗が臨めませんの。w
ほんとに引越って大変ですね。

でもマイホームなのでちょっと嬉しいかな。
今までの引越とは少し違いますよね。
まあ今まで生活してたわけだし新たに購入する家具なんてのはほとんどないのですけども。
お金持ちならすべての夢を叶えられるでしょうけれど、僕はお金持ちじゃないので現実的な妥協のバランスで家を持つことになります。
それでも「いつかそうしたいな」なんていうささやかな夢をちょっとだけ実現出来たりで結構嬉しいのですよ。

なのでそんな「ささやか」をちょっとだけ披露。

DVC30013.jpg

家の軒先には購入の決め手のひとつになったオリーブの木。
実家の庭にもオリーブの木があって、オリーブのある家に住みたかったのでとっても嬉しい。w
表札は以前手作りしたものをそのまま流用。
枕木利用のよくあるパターンですがちょっと可愛い感じなのでいいでしょ? w
玄関扉は緑色でその裏にはプルメリアの飾り。
いつか扉は青に塗り替えたいな。w

DVC30035.jpg

リビングダイニングキッチンにはこれも購入の決め手のひとつになった可愛い3つ窓。
とにかく風が流れる明るい作りの家です。
そのダイニングスペースには北欧製のテーブルを改造したダイニングテーブルと、もう別の椅子を愛用するようになった子供たちが使ってたノルウェー・StokkeのTripptrappが2脚。
友人たちが息子と娘がそれぞれ誕生した時にプレゼントしてくれたものです。
いつか並べて使いたいなと思ってたので嬉しいのです。
でもこうやって並んでると、同じ商品なのに年代が違えば印字デザインが少し違うのね。w

DVC30037.jpg

リビングはもう10年以上使ってる北欧フィンランドのシステム家具・ルンディアでレイアウト。
恵比寿のオフィスでも使ってたのでまた新たな組み合わせでぴったりフィットな感じ。うん。w
そこにはテンモニの相性で世界中のレコーディングスタジオで標準装備されてたYAMAHA NS10M STUDIOがちゃんと鎮座しております。(笑)
さらにずっとずっと取付けたかった名機 Bose 101MMも天井の梁からぶら下げてね。
これらのスピーカーたちも昔のバンド仲間が結婚記念に贈ってくれたものです。
なので16年越しでようやく「こうしたかった」という使い方が実現したというわけなんですね。w

IMGP0227.jpg

そしてBBQも出来る屋上のルーフバルコニーからは富士山が。w

****

すべてが希望通りの家ではありません。
海からは少し遠くなったし、狭いし庭もない。
だけど愛してゆけるだろうというボーダーをところどころクリアしてくれてる家です。
マイホームとはこういうふうに悩んで妥協して決断して手に入れるのだなといろいろ思い知る日々でした。

それでも12年間住んだ前の借家で小さな子供たちを育てられてよかったと思います。
家はボロでも広い間取りに広い庭に広い道路。
遮るものがない陽光溢れた立地はここ茅ヶ崎の光をすべて体感出来る場所でもありました。
息子も娘もあの庭、あの道路で野球やバレーボールが上手くなっていったのですからね。

でもこれからは自分たちの城(部屋)を持ってアイデンティティやパーソナルを磨いてゆくお年頃です。
それを手に入れた子供たち、そして僕ら夫婦にとって、
このマイホームがいい拠り所になってくれればいいなと希求します。
新たな生活には希望と期待を持って臨みたいと思います。
さーて。
おとうさんはますます頑張らなきゃね。

マハロ!
mahalo !


Melissa manchester - Home to Myself, Again


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(95)  コメント(56)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さよならベスパ [home]

何年前になるのでしょう。
もう20年以上も前。
1988年前後だったと思います。
僕はベスパ 125 ET3 という名車を購入しました。

img07887.jpg
*表紙を飾ったことも。まあ決定権は僕にあったんですけどね。w w

そのベスパが遂に廃車となりました。
京都から茅ヶ崎に越してくる時にもわざわざ運んでもらいましたけどね。
廃車になって悲しかったルノートゥインゴとは違い
このベスパはまったくもって悲しくない乗り物です。w
あらゆる道を走ってたくさんの思い出をつくってくれたトゥインゴとは違って
このベスパはきっと相性もよくなかったのだと思います。

まずしくじったこと。
購入時に欲しい黄色がなくてこのメタリックシルバーにしたこと。
それがすべての間違いの始まりだったんですね。
購入した日に乗って帰るとき、
ギアが異常に硬くてシフトチェンジが出来なくて、
しかも前輪ブレーキがほぼ効かなかったので駐車場の壁にぶつかってしまいました。

さらに京都は泥棒の町なのでベスパは狙われます。
僕のベスパはボディとエンジン以外はすべて購入時のものとは違います。
パーツのほとんどは盗まれてるんですね。
ミラーは何本も。
ヘッドライトもウインカーもタイヤもシートもやられてます。
プラグを盗もうとして人が来て慌てて逃げたのか、
プラグが不完全なまま刺さってて、
僕は知らずにそのまま乗ってたら「パーーーーーん!」という大音響とともにエンジンが停止。
開けてみるとプラグカバーが爆発して破損、みたいなこともありました。

奥さんと二人乗りで今宮神社のあぶり餅を食べてたら、
すぐ横に停めてたベスパにヘルメットをぶら下げたまま(もちろんヘルメットホルダーには鍵をかけて)置いていたんですが、イヤな予感がして見に行ってみると、ミラーとヘルメットの金具部分をカッターで切って盗まれてました。
まあ僕のベスパが運悪く泥棒に目を付けられてたんだとは思いますが、「純正パーツのままベスパを乗り続けるのは難しい」とベスパ屋さんが言ってたくらい京都はクソな町。
ほんとうに京都は泥棒ばっかりですからベスパ乗りで京都市内に住む方は気をつけてくださいね。

車体は重いしブレーキの効きも悪いバイクですからおかまを掘っちゃったこともあります。
まあそれは僕が全面的に悪かったので相手の車の修理代を弁償。
自分のベスパも修理。トホホ。
そういえば、初任給の日に会社へ帰る際に、飛び出し自転車と接触して転倒して破損というのもありました。
刑事責任的には100:0で自転車側の負けという大逆転ものでしたけどね。

総合的に振り返ってみたら、あまりいい思いをしていない乗り物だったんですね。
これ以前に400ccのバイクに10年ほど乗ってましたし、
車もずっと乗ってますが事故ったことは一度もないんです。
僕の事故った経験はすべてこのベスパでのみなんですよ。
不運で相性のよくないバイクというのもおわかりいただけるかと。w w

img07888.jpg
*実は大昔。「今、街のオシャレたちはここにいる。」なんて企画でこのベスパと共に登場したこともあったんですよ。「街のオシャレさん」!ププッ

****

それでも茅ヶ崎へは持ってきたんですけどね。
京都とは違って茅ヶ崎ではずっと放置しても盗まれませんでした。w
4年間くらいたって一度直してもらって3回くらいは乗りました。
でもエンジンがかからなくなってまた放置。
さらに4年くらい放置してましたが、今度はさすがにボディもドラムブレーキも腐食が激しくて遂に廃車です。
海辺の潮風や潮雨にはかないませんでしたな。w

それでもこのベスパでお友達と日本海まで行ったことや
日々のお出かけなど数少ない思い出もありますが、まああまりいい乗り物ではなかったんですね。
そういえば写真も撮ったことはなかったな。w

さようならマイ・ベスパ。
それなりにお金もかけて手を尽くして来たけど君は不運だったね。
安らかにお眠りください。
今度は最初から好きな色の君を買うことにするから。
生まれ変わってまた会おう!

マハロ!
mahalo !


Vespa - I was a teenage werewolf
※ヴェスパというスカバンド。いいよ〜。

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(82)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花火 [home]

DVC00075.jpg
DVC00076.jpg

茅ヶ崎の花火大会。
昨年は震災の影響で開催されませんでしたが、今年は例年通りにちゃんと開催されました。
毎年この日は僕の旧友達が我が家に集まってくれます。
今年もなんとか時間の都合を付けて集まってくれました。
この日を毎年すごく楽しみにしているので嬉しい限りです。
特に今年はいろいろと困難な時期を乗り越えてきたのでこういう時間がとても大切なんですね。
集まってくれた友人達に感謝です。

*****

今年は引越も控えてましてね。
実は明日引越。
近所に引越すんですけど、今の家より100mほど海から遠くなってしまいます。
庭もありません。
僕の部屋もなくなりました。
悲しいです。w
年頃になった子供達の部屋を確保するためのお引越。
新しいお家は小さいけれど可愛いお家です。
いい思い出がたくさん生まれればいいなと思います。

****

なので、この家での旧友達とのBBQは今年が最後でした。
毎年ここに集まってくれた友人達。
そしてこの庭、家の前の道路。
息子はここで野球が上手くなったのですよね。
この家の垣根で娘はバレーボールのアタックの練習をしたのです。
子供達を小さいうちにこの家で育てられてよかったなと思います。
愛したこの家での思い出はどれも素敵なことばかりですからね。
でもいろんな思い出の詰まったこの家ですが、新しい家での新生活にワクワクもしています。
綺麗な花火で最後を締めくくり。w w
また新しいお家で素敵な日々を送れますように。

mahalo !


Me Voy- Julieta Venegas

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(65)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

14 & 49 [home]

ずっと忙し過ぎて、
せっかく書いていた息子の誕生日の記事をアップしそびれてましてね。w
息子はGW中の5月4日に14歳の誕生日を迎えました。
もう1ヵ月前なんだな。w
休みなのに仕事というGWの真っただ中に奴のお誕生日。w w
前日は奥さんと娘が横浜アリーナへコンサートに出掛けたので息子と二人だけで前夜祭をしました。
バッティングセンターへ行って、帰りに二人焼き肉。
久しぶりの焼き肉はとってもとっても美味しかったです。[ハート]

そして翌当日。
息子も娘もそれぞれ野球とバレーボールで大忙しでしたが
夕方から全員揃ってちょっとショッピングに行って。
家族全員でのお出かけなんて超久しぶりでしたから僕が嬉しかったしね。w
その後息子は家でチーズフォンデュがしたいというので
食材を買ってきて家でのんびりとチーズフォンデュを楽しみました。

DVC00274.jpg
DVC00276.jpg

これもまた美味しかったし。w w
締めは奥さんの働く茅ケ崎一美味しいケーキ屋さんのケーキでお祝い。
これもまた美味しかったです。w
なんだかんだと大忙しなんですが、
家族とこういう時間が取れてよかったです。
美味しく楽しい時間がいっぱいでよかったよかった。w

****

そしてGWからすでに続いていた怒濤の日々を過ごしてきました。
心身共にボロ雑巾のように働きましたよ。
ようやくつかの間のソフトランディング期間に突入。
といっても2日間くらいなんですけども。w
そのタイミングで僕の誕生日になりましてね。
5月29日に49歳を迎えました。
いい50歳を迎えるための準備の年だな。
もう一度、僕の生き方や大切なものを
じっくりと考えたいと思います。
このままではいけないと感じてます。
鬱になって身体的にも病気になっては元も子もないわけでね。
目の前のことを頑張るのは変わりませんが
その先にあるものはもっと大切ですからね。

DVC00057.jpg

シンプルなレアチーズケーキは奥さんと娘と息子の手作り。
信じられないくらいに美味しかったです。w
いいお誕生日を親子共々過ごせました。
英気を養って、いろいろ考えて
また頑張ろうと思うのです。w

mahalo !


The Honey Trees - To Be With You

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(77)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選手リレー [home]

P5190007.jpg

先週は息子の体育祭がありました。
昨年は、小学校の時は一度も選ばれることのなかったリレーの選手に初めて選ばれて、アンカーとして頑張ってた姿が思い出されます。
今年もまた選ばれたようで、めでたく体育祭の花形競技に参加する権利を得たというわけですね。
でも今年はトップランナーでした。
800m選手リレー。
自ら立候補したようですが、選手リレーのトップランナーは難しいものです。
ヨーイドン!でスタートですから、モロ実力が形となって現れるわけです。
案の定、5人中4番手でバトンを渡すことに。w w
4人走って結果クラスは2位だったので1位になれなかったのは息子のせいだな。(笑)

子供の体育祭を見学に行って応援する。
それもあと1回か、と思うとちょっとしんみり。
娘はまだ小学生だし数年は大丈夫だけどね。
まあその気になれば息子の高校の体育祭にも顔を出すことも出来るけどもね。
高校生にもなると息子が嫌がるかも知れないしね。

****

第4コーナーで昨年よりもバテバテだった息子。
バカヤロー!
とか言いつつ、リレーの選手に選ばれてること自体にホントは嬉しいんだよ。w
常にリレー選手だった僕は(エッヘン!)、あの競技に参加して得る緊張と快感を知ってますからね。
楽しんでくれればいいし、出来ればもっと活躍して自分にしびれて欲しいんだよ。
あとはそこだけなんだけどな。w w

まあ、頑張れ息子よ。
野球も今年の後半は活躍してね。w

mahalo !


Maia Hirasawa/Boom!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(51)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。