So-net無料ブログ作成
検索選択

椎間板 [other]

DVC00005_2.jpg

腰をやってしまいましたよ。
椎間板が半分潰れてる箇所があって、そこはもう一生治ることはないそうです。
ただ幸いなことに、まだ潰れて飛び出して神経を圧迫するまで(そうなると椎間板ヘルニア)には至ってなくて、ヘルニアの一歩手前だということでした。

新しい職場環境や毎週末の少年野球の監督業などで徐々に疲労が蓄積していってたのでしょうね。
トレーニングをした後の回復力も若い頃のそれとはやっぱり違ってたりしてね。
ここ最近、どうも腰の辺りが張ってるなぁとは思っていたんです。
その前日もいつもの日課の筋トレとストレッチをやった後に腰の張りは気になってたんですけどね。

発症当日の朝。
朝食時に腰に痛みが走りました。
「ヤバい!」
とっさにいつもの痛みとは違うことはわかりました。
11年前にも1ヶ月寝たきりを経験したことがありますから、その時の症状に近いこともわかりました。
でもしばらくすると痛みはマシになってきたんで、その日は大事な入稿作業があったのでとりあえずコルセットをして会社に出社したんです。
午前中は歩いたりできたんですけど、入稿作業中の昼頃。
腰に大きな痛みが走ったので「ヤバい!」と思って机に両手をついて立ち上がりました。
その格好のまま1時間。
激痛で1ミリも動けない状態に(笑)。
しかたないので横に部下の女の子が座って僕の指示で僕の入稿作業をしてくれました。
あとは同僚たちの肩を借りて、掴まった宇宙人のように運ばれ車で横浜から茅ケ崎まで送ってもらうことに。
奥さんが仕事から帰ってきてすぐに医者へ。
そして冒頭の症状を告げられたというわけです。

****

人間、腰がいかれるとダメですね。
まったく動けなくなります。
咳やくしゃみなんかしたら腰がちぎれたかと思うくらいの衝撃ですから。(笑)
すべてを上腕でこなすもんですから結構腕がパンパンになりますしね。
あれから2週間。
ようやく座っていられるようになりましたが、やっぱり座れないのは座り仕事の身としては辛いものですよ。
監督業も僕に元気がないばかりに大事な試合を落としちゃいましたから。

でも仕事も監督業も、仲間のサポートには本当に感謝でね。
腰を痛めてよかったとは思いませんが、改めて僕を大事に思ってくれてる人がたくさんいるんだということを実感出来た2週間でもあったわけでね。
そう思うといろんなことに感謝しながら日々を生きようと思うわけです。

今は無理のないように無理をしながらやっていこうかと。(笑)
今月中には完治するはずなので、またケアしながら、身体をちゃんと鍛えて、これからも仲間と楽しく頑張りたいと思います。

マハロ!
mahalo !


Eliza Doolittle - Big When I Was Little


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(51)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

My Guitars [other]

IMGP0837.jpg

僕は高校1年生の時からバンドを30年間くらいやってました。
自分のバンドではずっとヴォーカル&ギター&ピアノ
でも茅ケ崎に越してくる時にバンドを解散してきたので、それ以来ずっとスタジオに入っていません。
でもやっぱり、ずっと使ってきた楽器は大切なもんでね。
ギタリストではありませんが、やっぱりそれなりのこだわりを持ってギターを作っていただいたものですから。
オリジナルなので何の価値もないギターですけど、このギター、少々ややこしい生まれでね。(笑)
今日はそんなお話。(ミュージシャンならわかるけど一般の人にはピンと来ない専門用語がいっぱい出てきますがご了承くださいませ。笑)

****

1985年頃、僕は楽器屋の兄さんだったので、出入りする色んなメーカーの方やお客さんとの交流がありました。
僕自身もすでに、ヤマハのSJ800から始まって、ムーンのダンカンハムバッカー2発のDGT GOLDTOPとか、エピフォンのセミアコES335とかいくつかのギター遍歴がありましてね。
そんなある日、お店の倉庫の奥から、なんとESP製のマホガニー・1ピース(!)のクリアレッドラッカー塗装のストラト・ボディが出てきました。
古いものだったので、誰かが特注したけれどキャンセル扱いになって10年以上も放置されてた代物。
店長と主任に「ください!」って言ったら「いいよ」。
なんというおおらかな時代でしょう。(笑)
1ピースのマホガニーのストラト・ボディなんて聞いたこともなかったし。
でもマホガニー1ピースという内容からしても当時でも少なくとも10万以上はするものだったはず。
あの時代に楽器屋でバイト出来て幸せだったと感謝の日々を今から送ることにします。(笑)
で、そんなラッキーでこのボディを手に入れて初めて、オリジナルのギターを作ろうと思ったのでした。

そんな折り、出入りしているヴァレイアーツのライセンスを持った大阪のメーカーの方に、「今度オリジナルでギター作ろうかなって思ってんねん」というと、「じゃあ今度ストラト用メイプルネックが200本カナダから入荷するから持ってきてあげるわ」とのこと。
僕はメイプルネックしか考えてなかったのでこれは渡りに船。
「ほんまですか?じゃあお願いしますー!」ということでその大量のストラト用の塗装前のネックの中から、トラ目が控えめながら綺麗に出そうな木目のネックを2本選ばせていただいたんですね。
これで大事なボディとネックが決定しました。

image.jpg
※ 楽器屋のお兄さんだった頃のきのぴー兄やん。23〜25歳くらい?忘却の彼方過ぎて確定出来ず。(笑)

さて、次はパーツ。
うちのお店は京都でも有数の楽器屋だったのでプロのミュージシャンの方もよく出入りされてました。
その中の一人のお客さんが、USAフェンダーのヴィンテージ・ストラトの純正ペグをグローバーに換えたいというので、交換後の純正パーツはどうするのかと聞いたら「もういらんけどな」というので「え!ほな僕もろていいですか?!」「ああ、ええよ」「ヤッタ!」
おまけにヴォリュームツマミも別のものに換えられたのでUSAヴィンテージの純正ペグと純正ツマミをいただきました。w
さらに別のお客さんはUSAフェンダーヴィンテージの純正ブリッジをフロイドローズに、純正ピックアップをEMGに換えたいとのこと。
これも聞くと取り換えた純正ブリッジと純正ピックアップは別にもういらないらしい。
「きのしたくんにやったらあげるわ」。
やったー!またまた交渉成立! w
そんなこんなで、6万円したネック以外の主要パーツをあれやこれやと無料でゲット!
でも裏のプラスティックカバーとネックジョイント金具、Schallerのストラップピンと1プライのピックカバーはちゃんと購入しましたよ。w

IMGP0832.jpg

そしてここで僕の最大のこだわり。
リアピックアップだけUSAフェンダー・テレキャスターのリアピックアップに変更しました。
そしてアレンビックのブースターを内蔵。
憧れのローウェル・ジョージのストラト仕様と同じにしたんですね。
僕はアレンビックのブースターを常にONで完全に埋め込みましたけど。
ストラトのセンターピックアップとテレキャスのリアピックアップのハーフセレクトで、ネックがメイプル、ボディがマホガニーなので、何とも言えないまろやかでプリッとした音が鳴ってくれます。

****
IMGP0825.jpg

そして同じ時に入手したネックで実はもう1本のちに作ったんですね。
ボディはホワイトアッシュ。
これも倉庫の奥に捨てられていたもの。
そしてこっちのピックアップはEMGに。
アレンビックブースターもちゃんと内蔵してます。
当時ヴァレイアーツ全盛期。
ま、一本くらいEMGを持っといた方がいいのかなって。w

IMGP0827.jpg

でもこのボディが激重でね。
結局ライブでは一度だけしか使わなかったな。
それでもやっぱり愛着のあるオリジナルギターですからね。

もう彼らとはかれこれ30年くらいのお付き合い。
またこれを下げて歌う時なんてくるのかな。
バンドやろうぜ!と意気投合してドラムセットまで買ったおっさんカメラマンは池尻大橋
遠っ!
どないせえっちゅうねん。w

Mahalo!


Little Feat - Fat Man in the Bathtub


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(134)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体感 [other]

DVC00059.jpg

京都の底冷えは日本一だと西陣の人は言います。
西陣の人に「京都の○○は日本一」だというような言い方をする人が多いのは、京都という日本の中心的伝統文化を担ってきたプライドと、京都以外に住んだことがない人も多いのが原因なのではと推測します。
実際に日本一かどうかはさておき、まあそう思ってる京都の人に「他はもっと寒いよ」と諭しても、京都の底冷えが比類なく厳しいのは変わりないのでね。w
確かに僕も長年京都の底冷えを経験してきて、「京都の方が寒いな」と感じたことは実際に何度もあります。
滅多に氷点下になることのない茅ケ崎に越してきてすぐの頃。
ずっと茅ケ崎に住んでいるお隣さんが「こんなに寒いのは珍しい!」と騒いでた時、僕ら夫婦は顔を見合わせて「??」と感じたことがあります。
京都の寒さに比べてカスみたいな寒さだったにもかかわらずこの騒ぎよう。
やっぱ住んでみて初めて、それぞれの土地の環境に慣れている人たちの感覚に気が付くわけでね。
そんなふうに思った僕もこの温暖な環境に13年。
今では立派に、茅ケ崎のへなちょこな寒さにブーブー言う身体と性根に育ちました。(笑)

****

北海道で氷点下30℃を記録したそうです。
いくら京都が寒いと言ったって、濡れタオルを振り回したら凍って棒のようになる北海道の寒波より寒いはずがないわけで。
でも東北の人も北海道よりも寒いと感じてる人が多いそうですしね。
実際、その時は-30℃ではなかったにせよ、何度も行ってる冬の北海道が京都よりも寒いと感じたことはありません。
底冷えと実際の寒さはちょっと違うんじゃないかという考え方もありますし、京都で生活している時のような格好をその時はしていないからというのも考えられますし、旅行での高揚感も影響しているのかも知れません。
まあとどのつまりは体感という尺度での話ですから、そこにいて感じる温度というのは曖昧なものでね。
世の中のすべてが絶対的な数値で判断して語られることほどつまらない話はないわけでね。
「月が綺麗ね。」
「正気ですか? 表面温度は最高110℃で最低-170℃。こんな地獄のような温度差な上に大気はほぼない状態。つまりオゾン層がないから有害な宇宙線を年間500mSvもモロに浴びるような被爆天国さ。隕石などによって細かく砕かれた石が積もったレゴリス(砂)に覆われた、墓地にするのもはばかれるほど殺風景な死の世界だよ。それを綺麗だなんて君は考えられないド変態だね。」
などとは決して言って欲しくはないわけで。

人が肌で感じて、それぞれの場所で感じる表現が、実はそれぞれ正しいということ。
京都の人がいう日本で一番底冷えするという表現も、
東北の人がいう北海道なんかよりも寒いという表現も、
そう感じたのなら実は正しいのだと思います。

どんなに数値で証明されようが、月は綺麗。
それこそが、どうしようもない事実。

マハローーー!
mahaloーーー !


Grace Potter and the Nocturnals - Fly Me To The Moon

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(110)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真剣勝負 [other]

現役時代に打たれたコースに投げて抑える
規定の打席数では真剣勝負。
延長の勝負では徐々に、しかも微妙に球速を落としてゆき、高めの直球で勝負を挑む。
それでも、バッターが膝の痛みで徐々に踏み込んだ膝が外に逃げ始めたことに気が付いたら、
今度は膝が少々逃げてもレフトのポール際に運びやすいインコースへ最適な球速で投げる。
それを最後の最後でちゃんと膝を逃がさず踏ん張ってちゃんとレフトスタンドに運んだ清原くんもエラいけど。
でもやっぱり桑田くんは素晴らしい。
僕はやっぱりこのKKコンビが大好きなんです。

image-10115189217-10076383374.jpeg
001.jpeg

子供ホームランを見せたい。
そんな清原くんの想いに桑田くんが応えて実現したテレビの企画。
どうせやるなら真剣勝負、ということで2ヶ月間、それぞれが特訓を積んでこの日を迎えました。
満身創痍の清原くんの昔の勘を取り戻すための特訓のドキュメントはとても痛々しいものでしたが、
ああこれが本来のアスリートの闘争心なのだと妙に納得もするわけでね。

男の真剣勝負。
昔からよく言われる表現ですね。
でもそれはただの意地の張り合いではありません。
スポーツとはそもそも「正々堂々と己の能力を駆使して、相手より上回る」ことを目指すアクティビティです。
ゲームでありながらも、そこには最初から相手より上回ることがプログラムとして内包されているわけなので、「意地とプライド」を持って臨まないことには始まらない世界なのですね。
そこに個人対決が加わるとそのベースが顕著になってゆきますよね。
それこそが対戦スポーツの醍醐味のひとつとなるわけです。
そしてその真剣勝負に我々は感動し驚嘆するのですね。

m_E5BC95E3818DE99A9BE38080E6B19FE5B79DE381A8E68E9BE5B883-444bf.jpeg

野球というスポーツはこの真剣勝負の様相が特に色濃いスポーツです。
アウトコース高めのストレートに空振り三振をした掛布さんが、
次の打席でまったく同じコースで勝負してきた江川さんのストレートを今度はレフトスタンドにホームラン。
かつてはそういう一流のアスリートが己の技量のすべてをかけて行われる真剣勝負がそこかしこにありました。
その時代の最後の世代でもある彼らの真剣勝負は、テレビの企画といえども楽しめました。
そしてなんといっても、現役時代の真剣勝負にはない、
同じ時代を生きてきたバディに対する、高い技術に裏打ちされた「友情」を感じることが出来たのにも感動するわけでね。

子供たちも最後の最後で見れたパパのホームラン。
「パパって本当にすごいんだ!」
そういう手紙もまた僕らは感動するんだよね。w
「パパのように西武ライオンズに入る」って感動だよ。w

アスリートたちの真剣勝負。
新たな名勝負をこれからもいろんなスポーツで期待したいと思います。

Mahalo!


Black Sabbath - Neon Knights


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(108)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Christmas Time [other]

DVC00063.jpg

いよいよ12月ですか。
もう2012年も終わろうとしてるんですねー。
今仕事の関係で毎日のように都内へ出掛けていますが、東京の街はすっかりクリスマスモード全開ですね。
盛大なイルミネーションで賑わう辻堂駅前のテラスモール以外の茅ヶ崎の街並でも、各家々の窓や軒先にイルミネーションやクリスマスツリーの灯りがともり、世の中はいよいよ年末なんだなーと実感する日々がスタートしました。
浜に行けば世がクリスマスだという痕跡のかけらも微塵もうかがえないいつも通りの景色なんですけれども。w

******

DVC00091.jpg

例年12月1日に飾り付けることにしている我が家のクリスマスツリーも例年通り飾り付け終わりましたよ。
新居で飾る初めてのクリスマスツリーです。
師走。
師も走り回るくらいに忙しい月。
このクリスマスのせわしなくもきらびやかでどこかワクワクウキウキする感じが僕は大好きです。
そこはあまりうがって育ってないんです。w

******

さてさて。
今日ちょっとプライベートで一大決心をしなければならない要請が。(笑)
向こう2年間の週末をどうやって過ごしていくのかという選択をね。
まあこれはおいおい報告しますけども。

そんなこんなも12月の成せるワザ。w
今月は娘の誕生日と僕らの結婚記念日が。
そして各種忘年会がね。
なにかと忙しく賑やかな年末ですが、楽しく過ごしたいものです。
たくさんの笑顔の瞬間を家族で迎えられたらと思うのですよ。w

さあ。
みなさん。
年末も頑張りましょう!

マハロ!
mahalo !


Wonderful Christmas Time_Paul McCartney

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(48)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

霊感事情? [other]

DVC00066.jpg

僕は霊感というものが希薄なようです。
幽霊らしきものを見たことは一度たりともありませんし、
なんだかそれを感じるというのもあまりなかったりね。

だからといって幽霊や怪奇現象を信じてないわけでもありません。
以前ブログで紹介したことがありますが、実際に怖い怪奇現象に出くわしたことはありますしね。
まじで普通に恐がりなんですから。w

****

でも茅ヶ崎に住むようになって気が付いたことがあります。
京都と茅ヶ崎の霊感事情とでも申しますか。(笑)
京都の街中の古い家や辻辻には薄気味悪い場所が至る所にあってね。
自分の家や誰かの家でも気持ち悪く感じる時や場所があったりします。
それでもしょっちゅうそんなことを感じてるわけでもないし、
自分も幽霊や怪奇現象に出くわしてるわけじゃないのでそんなに気にしてたわけでもありません。
だから京都に住んでる時は京都のそんな部分が特別に思ってなかったのです。
ところが茅ヶ崎に住むようになってそんな雰囲気が全然ないことに気づいたわけです。
家の中で不気味な雰囲気を味わったことは皆無。
ましてや奥さん西陣の実家で足音や扉を引っ掻く音を聞いたなんて体験は茅ヶ崎の家ではまったくないわけです。w
道も場所も、犯罪的な危機を感じさせる場所はあっても
霊的な不気味さを感じたことはなかったんですね。
「ああ。京都は特別な場所なんだな。やっぱり」
霊感のない僕でさえそういうことを感じるくらいに特別なんだ。
そういうふうに思ったんですね。

****

ところがです。
感じる人に言わせれば、茅ヶ崎にも出るらしいのです。
先日聞いた話。
「浜須賀は出るよね」
「出る出る」
「あそこでしょ?」
「そうそう」
な、、、なぬーーーーーー!
浜須賀って今まで住んでた場所ですよ。w w
場所もピンポイントらしくて、僕の家の辺りではなく、
道を何本か西へ行った辺りだそうで。
そういえばその近所の「オシャレ通り(成功者が集うオシャレな家が並ぶ通り=命名:アロハ)」は活気があって明るい雰囲気がするのに、言われてみればその通りはどうもそんな雰囲気はあるっちゃあるって感じです。
聞けば常盤町でも経験者はかく語りきであるらしいし。
南湖とか古い地域に行けばそんな話もざらにありそうだしね。
どこでもやっぱあるんですね。
僕に霊感がないから感じてなかっただけで
長い人の営みがあれば必ずそういうものはついてくるだろうしね。

ただそんな僕にも感じることがある京都の霊的なパワーといったら。w w
鬼門の方角に延暦寺がなかったらと思うとゾッとしますな。w
京都ってやっぱ底知れずスゲーー!

マハロ!
mahalo !


Ghostbusters - Ray Parker Jr.


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(59)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終着駅 [other]

DVC00004.jpg

いつも利用する電車の終着駅がとても気になる時があります。
熱海とか東京とか知ってる土地は別として、
千葉とか宇都宮とか
行ったことはないけれど、
なんとなく想像出来る土地はまあそれでいい。
だけどその響きに惹かれるのか意味に惹かれるのか
パターンはいくつかあるのですが、
なんとなく行ってみたいなと思わせる駅名に出会うことがあります。

****

湘南新宿ラインを利用してた時に乗る電車がいつも「籠原行き」でした。
「籠原」はもちろんどこにあるのかも知らない土地名。
いつも「どんな町なんだろう」とか思ってました。
誰かにそのことを話したことがあって、
「籠原ってどんなところか興味あるんだよ」
って言ったら相手は籠原を知っていて
「別になにもないよ」
という反応でがっかりしたことがあります。
まあ本当に僕がそこに行ったら、
それなりに新しい発見をするに違いないのですけれど、
実際はまあそんなところなんだと思います。
大昔に書店営業をしていた頃、
担当の名古屋地区の地下鉄鶴舞線の終着駅「赤池」に行ってみたら
ほんとに何もなくてがっかりしたことがありましたからね。(笑)

****

今すごく気になってる駅名があるんです。
いつも利用してる都営大江戸線。
乗る電車の行き先が「清澄白河」。
なんていう綺麗そうな駅名なんでしょう。
僕のイメージでは綺麗な疎水があって、
水の豊富な郡上八幡みたいな場所。w

まあ実際は勝どきのすぐ先だし
めっちゃ「東京」な感じに違いないのですけどね。
がっかりしないために一生「清澄白河」には行かないと心に決めております。
勝どきのすぐ先に郡上八幡のような風光明媚な場所があるとイメージしたまま一生を終えようかなと。
世の中、知らなくてもいいことなんて沢山あるのです。(笑)

Mahalo!


Last Train Home - Pat Metheny

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(77)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大決戦 [other]

DVC00035.jpg

通勤をちゃんとやり始めると便意との闘いを強いられる機会が増えます。
フリーランスの時は結構時間が自由だったので、
排便を済ましてから行動を起こせたりと
時間的に余裕を持った生活が送れます。
なのでそんなに多くのピンチを迎える機会はなかったものなんですけどね。

特に今はドア to ドアで2時間の通勤時間ですから
いろんな状況で突然襲い来る便意との決戦が生まれます。
先日も東海道線で猛烈な便意が。
その日はちゃんと朝出してました。
普通、朝に排便があったらその日は大丈夫なことが多いものです。
なので油断してました。
急に猛烈な腹痛と便意。
ユルい系が奥に潜んでおったのですね。
僕の通勤中に停車する駅。
辻堂→藤沢→大船戸塚横浜川崎品川→新橋…汐留→勝どき
その日は運良く藤沢で座れていたんです。
藤沢〜新橋間を座れるなんて超ラッキーなことなんですから。(笑)
でもせっかく藤沢で座れたにも関わらず
戸塚を過ぎた辺りでギュルギュル来たわけです。
東海道線は1号車と15号車にトイレがついています。
でも移動するにも困難なくらいの満員状態。
「こりゃヤバいな…仕方ない。横浜で一旦降りてウ○コだな」
なんてことを思っていたら、
横浜の手前で便意が一旦治まったんです。
「ラッキー!新橋まで行けるか?」
なんて思って横浜をやり過ごしたんですね。

これが大誤算!w w

横浜を過ぎた辺りから
本日最凶の便意が猛然と襲いかかってきたのです。
「グオオオオオオ!」
心の中で激しい咆哮!
満員電車の中で座ったまま激しいビチグソをブチまける自分。
そんなシーンを想像して恐怖に青ざめる僕。
ここは精神力しか頼れるもののいない世界。
「大丈夫だ!今まで何度もこんなピンチは切り抜けてきたじゃないか!」
「たかだか一駅我慢すればいいだけなんだし」
「明日の今頃はこれも思い出話になってるさ」
「イントロから歌を歌おう!」
「佐々木希さんやトリンドルさんの顔が好き」
「それにしても堀北真希さんの鎖骨は綺麗」
色んなことを思いながら気をまぎらせ
容赦なく迫り来る凶悪な便意と死闘を繰り広げていましたよ。
座ってるくせにその姿はほとんどつま先立ち状態みたいな。w

そうこうしてるうちに川崎駅に到着。
満員をかき分けて車外に脱出。
「やった!やっとここまで」
しかしまだ油断は禁物です。
ここからトイレまでの長い道のりをクリアしないといけないのですから。
肛門筋に全勢力をつぎ込み歩みを進める僕。
やっとホーム中央部の階段まで到着。
ここでさらなる攻勢を仕掛けて来る最凶便意軍。
階段で一瞬歩みが止まります。
しかし不屈の精神力でそれを蹴散らし階上の改札エントランスへ到着。
そして遂にトイレを目視!
「やったぞーー!」
トイレに駆け込んだ僕!

ガーーーーーン!

なんと大便待ちのむくつけきおっさんが二人!
ここからがまた長かった。
する前からすでに肛門から異臭を漂わせているようなこんなおっさん共に行く手を阻まれるとはなんというトラップ!
マリリンモンローが地下鉄の通気口の上に立って
まき上がるスカートを押さえて
くねるようなポーズで待つこと数10分。
やっと訪れた解放の瞬間。

「勝ったぞーーーーーーーーーー!」

朝に一度出したにも関わらず出るわ出るわの肛門大騒ぎ。
多分僕の人生でも5本の指に入ろうかというくらいの量。
トイレには「非常の場合はこのボタンを押して下さい」というボタンがあるのですが、思わずそれを押そうかと思ったくらいの非常な量が排出されました。
これだけの数の凶悪な反乱軍と死闘を繰り広げていたのかと思うと自分を褒めてあげたくなったくらいでしたけども。
ま、今日のところは大勝利。
でも決して負けられない闘いであることには違いないわけでね。w w

mahalo !


B.E.T.- Don't Stop

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(77)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24 [other]

DVC00057.JPG

何やら手作りの箱が。
なんだか綺麗な箱。
24。
高橋由伸?
中畑清?
桧山進次郎?
遠井吾郎?
はたまた奥さんの誕生日

実はこれ、24時間テレビの24だったんですねー。
制作者は娘。
お正月早々、今年の24時間テレビのメインパーソナリティに嵐の起用が発表されました。
未曾有の災害に揺れた昨年の日本。
多くの方々が未だに影響を受けて暮らしてる中で
今年の24時間テレビが向かうベクトルや決意を垣間見ることが出来る発表でした。
それは、嵐は過去2回務めているのでもうないと思われていたのにあえてのこの起用。
さらに加えてこの異例の発表時期。
これは多分、嵐の集客能力と
長い準備期間を設けることによる義援金額の増量を期待する戦略なのだと思います。
より多くの義援金の集積と、復興を後押しする長期企画などによる元気を与えるプロジェクトをいろいろ考えているのでしょう。
早速、その効果は我が家にも表われたというわけです。
「嵐に会えるかもしれない!」
娘は早速この「義援金箱」を作って寄付するお金を貯め始めたのですからね。
僕らも10円が財布に貯まるとチャリンチャリンとこの箱に入れるようにしています。

******

こういうイベントを否定する方々もおられると思いますが、
我が家はニュートラルに「いいことはいい」と参加する方です。
テレビイベントの闇の部分や
形骸化したマイナス面を勘ぐって無視するよりは
アイドルとの関わりが絡んでいようとも、
子供たちがそういうベクトルで社会に参加しようとすることはいいことだと思っているのでね。
昨年の24時間テレビで、娘は初めて募金の列に並びました。
子供たちが「24時間テレビの募金に行きたい」と言い出す時のためにと思って、僕がコツコツ貯めていた1円玉と5円玉を預けてね。
義援金を届けた時に岡田准一くんを見て
「生まれて初めてあんな男前を(肉眼で)見た」
と感想を言ってましたからね。w w

今年は娘がこのお金を持って行って寄付する時に、
嵐の誰かに直接渡すことが出来ますように。(笑)
お祈りしとかなきゃねー。w w

マハロー。


سرای - Shinji Tanimura + Yuzo Kayama

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(65)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

波の音とMusicと [other]

855546.jpg

実は僕はiPodを持っていませんでした。
なので海辺をランニングする時
いつも何もつけずに走ってたんです。
波の音や風の音、鳶の声など、
自然の音の中で走るのはそれはそれで気持ちのいいものでしたよ。

***

この春から息子が通い始めた学習塾の入塾時に
紹介した人と紹介された人両方がiPod shuffleをもらえるという
期間限定の特典がありましてね。
一足先に入塾してた同じ野球チームの子に
わざわざ紹介してもらったことにしてゲットしました。w
最初は物珍しいので息子も使ってましたが、
息子は自分でもiPod nano 5thを持ってますから、
すぐに不便さに飽きて自分のiPodを使うようになりました。
なにしろこのiPod shuffle。
対応OSが10.5.8以上。
奥さんと息子共同のiTuneが入ってるメインマシンのOSは10.4。
息子のiPod nano 5thも奥さんのiPod nano 3rdも使えるけど、
iPod shuffleを使えるのは10.6の僕だけだということで。
正々堂々と僕の所有物となったのでした。w

やっとiPodのオーナーとなったわたくし。w
ならば、ということでイヤフォンをアマゾンで色々調べてたのですが、『スポーツイヤホン・イヤーフック RS Earphone #02 White / RSEP02W』が目に留まりました。
アマゾンによると
スピーカーコーンを外側に向けた独自構造により、スピーカーコーンから発した音が直接鼓膜をたたく事無く、物理的な内部音響空間を形成するためヘッドフォン特有の臨場感を損なう事無く、また外方向に向けて発した音が内部音響空間を通ってから鼓膜へ達する構造となっており、長時間の使用でも聴覚が疲れにくく、また外音がミックスされた状態で鼓膜に達しているため外部の音も同時に聞き取れる」
とあります。
なぬー!
波の音も鳶の声も聴こえて、
鼓膜への刺激が少なく疲れにくく、
ヘッドフォン特有の臨場感を損なう事もない?
じゃあこれしかあるまいて!w
熟考に熟考を重ねて、このイヤフォンに決定しました。

***

いやあ。
これは素晴らしい!
ちゃんと好きな音楽が聴けて、
耳も疲れず、
波の音も聴こえてる。
音質もとってもナチュラルでいい感じです。w

そしてなにより、
お気に入りの音楽を聴きながらのランニングがこんなに快適だとは!w
曲によってはランニングのペースまで変わっちゃったりね。w
遠い昔にウォークマンIIで音楽を聴きながら出掛けてた時の感動を思い出しましたよ。
何を今更、とか言わないでね。w
息子や奥さんのお誕生日に買ってあげるので精一杯だったのさ!w

P9160037.jpg

***

いいものをゲット出来てよかったよ。
文明の利器は素直に導入すべきなのだった!w
これからランニングにはさらにいい季節ですよね。
いい景色にいい気候。
そしていい音楽と波の音。
なんだよー。
ランニングがますます楽しくなっちゃうじゃんかよー!w
汗だくで走りまくってガリガリになった自分が目に浮かぶぜ!w w

Mahalo!


Bread - If

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(77)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。