So-net無料ブログ作成
検索選択

Home Beach Scenery vol.41 [shonan]

DVC00076.jpg

穏やかにグラデーションが彩るマイホームビーチ。
心静かになれるところ。
ここにいれば大丈夫なところ。

マハロ!
mahalo !



Cat Stevens - Morning has broken


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(89)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャプテン [baseball]

DVC00011_2.jpg

我が新チームのキャプテン決めがありました。
民主主義に則って、チームメイト全員と指導者全員による投票で決定。
新5年生と新4年生それぞれ一人ずつ選んでもらって、
新5年生の1位が新5年生のキャプテン、2位が副キャプテン。
新4年生の1位が新4年生のキャプテン、という極めて正しい選び方
子供たちも投票にあたってそれぞれ随分前から真剣に悩んだり吟味したりしてた様子です。

新キャプテンは明るくチームを引っ張ってくれそうなキャッチャーの子。
僕的には適任だと思ってましたが案外指導者的にはダークホースだったかもしれません。
でもそのキャラをチームメイトがキャプテンに指名したのだと納得の選出。
誰も手を挙げない中、入部直後にキャッチャーを志願。
まったくの素人からグングン成長してきたびっくり小僧。
今では他のカテゴリーの指導者からも驚きをもって賞賛されるほど昨年一番の成長株だったか。
その明るい愛されキャラでチームを引っ張っていってもらいたいものです。

副キャプテンはキャプテン経験者だし、指導者から見てもキャプテンの器の子。
僕が常に最も信頼を置いてきた子で、幼少の頃から常にプレーでチームを引っ張ってきた最古参だしこれも納得の選出。
遠慮がちな性格を打ち破って堂々としたキャプテンシーを更に発揮してもらいたいものです。

新4年生の子は、学校から帰ってきたら素振り、終わったら宿題というルーチンを毎日続けてる子。
勉強やらない子は野球なんかやらせません!という教育を幼少から厳しくされてるご家庭なので、文句も言わずにちゃんとそれを続けてるらしい。
すごいな。
キャプテンに選ばれたのも超納得。(笑)
それぞれ投票で選出されたことを重く感じて、
それぞれのやり方でチームをまとめていってもらいたいものですね。

****

キャプテンになる人。
元々そういう素質のある人も確かにいます。
で、昔から絶対的ではないにせよ大切な条件があります。
それは「上手い」ということ。
誰よりも上手いこと。
子供がキャプテンを選ぶ条件の中ではとっても重要視されてる条件ですよね。
でも実は、子供たちのスポーツにおけるキャプテンというポジションは決してそれだけで決定されるものではありません。
今までキャプテンをやるなんて考えられなかった子にキャプテンをやらせてみたら、一年後には立派なキャプテンになってることがあるものです。
つまりは、子供のうちの人間の器や器量なんていうのは一年単位でどんどん変化するものだったりするんですよね。
それはその機会を与えることが出来るかどうかだったり、自分がそれにチャレンジしてみたいと思うような機会に出会えるかどうかという運のようなものもあります。
もしその可能性があるのなら是非ともその芽を見つけてあげたいし、その芽がその子の未知なる可能性に繋がって欲しいと思うのですね。
いずれにしても投票で選ばれたキャプテン副キャプテンは納得の理由がどこかにあるものです。
それはその子らの可能性だし、個の個性の大きな魅力に繋がるパーソナルです。
大事に育てて欲しいと心から思います。

captain.jpg

そしてキャプテンには真に普遍の条件もあるもの。
ちばあきおさんの『キャプテン』の頃から変わらない絶対的な条件。
それは「誰よりも努力してること」。
やはりこれに尽きるわけでね。
小学生のうちは誰よりも努力してる者が誰よりも上手かったりするのも事実ですからね。

みんな努力して頑張って。
そして誰もが認めるキャプテンをみんなが目指して欲しいと思います。

Mahalo!


Michael McDonald - I Gotta Try


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(97)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

The Whales of August [movie]

奥さん方の祖母が年末に亡くなられました。
享年100歳。
百寿を祝って旅立たれました。
一度しかお目にかかっておりませんでしたがまさに大往生。
その人生がどんな人生だったのかに思いも及ばないくらいに長い年月を生きてこられた方です。
それでも、生きた本人は長く生きたと自分の人生を俯瞰して実感することはなかっただろうと想像するのです。
今日を生きて、明日も生きようと思う。
その積み重ねが人生であり日常なわけでね。
それでも1世紀もの歳月を生きたその日々を想う時、ある映画を思い出しました。

****

51DTpHJPlHL._SL500_SS500_.jpeg
1988%20The%20whales%20of%20august%20-%20Las%20ballenas%20de%20agosto%20(foto)%2002.jpeg

僕の大好きな映画の中に『八月の鯨』という映画があります。
1987年に公開されたリンゼイ・アンダースン監督作品。
サイレント時代に大活躍された名女優リリアン・ギッシュ(公開当時93歳)と、「フィルムファーストレディ」の異名を持ち、生涯10度のアカデミー賞ノミネートという空前絶後の記録を持つ大女優ベティ・デイビス(公開当時79歳)が演じる、人生の黄昏時を迎えた老姉妹の淡々と過ぎる日常のたった二日間のお話です。

姉妹が夏になると訪れる島の入り江の岬に建つサマーハウス
八月になればその入り江に鯨がやってくるという。
姉妹が少女の頃にはよくそれを見に入り江へ降りていったけれど、それももう遠い昔のことになってしまった。
鯨を見るためいつも岬へ向かう妹。
視力を失い、もう見ることの出来ない鯨への想いを断ち切ってしまった姉。
明日来るのか明後日に来るのか。
その日を待ちながら、それでも何も起らないごく普通の日常。
そのさりげない日常の中で姉妹同士や姉妹の家に訪れる数少ない友人たちとの会話がこの物語のすべて。

人生とはなにか。
生きるとは。
死とは。
人の向かう道とはどういうものなのか。
二人をとりまく淡々と過ぎる日常の時間の中で交わされる言葉の隅々でそれらがさりげなく語られるのですね。

「人生が長いなんて思わない」

老いてなお、人は当たり前のように明日へ向かう。
傷つき、打ちひしがれるような現実に翻弄されても、
小さな幸せや喜びを望み夢みて、人は先へ進もうとするのですね。
深く年輪を刻むように歳を重ねた顔には深いシワが表われるもの。
それでもその表情がとっても深くて素敵な表情になる瞬間があって。
そんな風に歳を重ねていけたらいいなと心から思うわけで。

1988%20The%20whales%20of%20august%20-%20Las%20ballenas%20de%20agosto%20(foto)%2004.jpeg
600full-the-whales-of-august-poster.jpeg

****

主演の一人、リリアン・ギッシュは享年99歳。
百寿(ひゃくじゅ)に1歳足りない白寿(はくじゅ)を迎えての旅立ちだったということになります。
(※百に一が足りないから白。粋な日本の祝い名ですね)
そういえば来月末にはリリアン・ギッシュの命日がやってきます。
久しぶりに「長いなんて思わない人生という目の前にある日々」のことを考えながら、
大好きなこの映画を観たいなと思いました。

Mahalo!


The Whales of August


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(120)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

My Guitars [other]

IMGP0837.jpg

僕は高校1年生の時からバンドを30年間くらいやってました。
自分のバンドではずっとヴォーカル&ギター&ピアノ
でも茅ケ崎に越してくる時にバンドを解散してきたので、それ以来ずっとスタジオに入っていません。
でもやっぱり、ずっと使ってきた楽器は大切なもんでね。
ギタリストではありませんが、やっぱりそれなりのこだわりを持ってギターを作っていただいたものですから。
オリジナルなので何の価値もないギターですけど、このギター、少々ややこしい生まれでね。(笑)
今日はそんなお話。(ミュージシャンならわかるけど一般の人にはピンと来ない専門用語がいっぱい出てきますがご了承くださいませ。笑)

****

1985年頃、僕は楽器屋の兄さんだったので、出入りする色んなメーカーの方やお客さんとの交流がありました。
僕自身もすでに、ヤマハのSJ800から始まって、ムーンのダンカンハムバッカー2発のDGT GOLDTOPとか、エピフォンのセミアコES335とかいくつかのギター遍歴がありましてね。
そんなある日、お店の倉庫の奥から、なんとESP製のマホガニー・1ピース(!)のクリアレッドラッカー塗装のストラト・ボディが出てきました。
古いものだったので、誰かが特注したけれどキャンセル扱いになって10年以上も放置されてた代物。
店長と主任に「ください!」って言ったら「いいよ」。
なんというおおらかな時代でしょう。(笑)
1ピースのマホガニーのストラト・ボディなんて聞いたこともなかったし。
でもマホガニー1ピースという内容からしても当時でも少なくとも10万以上はするものだったはず。
あの時代に楽器屋でバイト出来て幸せだったと感謝の日々を今から送ることにします。(笑)
で、そんなラッキーでこのボディを手に入れて初めて、オリジナルのギターを作ろうと思ったのでした。

そんな折り、出入りしているヴァレイアーツのライセンスを持った大阪のメーカーの方に、「今度オリジナルでギター作ろうかなって思ってんねん」というと、「じゃあ今度ストラト用メイプルネックが200本カナダから入荷するから持ってきてあげるわ」とのこと。
僕はメイプルネックしか考えてなかったのでこれは渡りに船。
「ほんまですか?じゃあお願いしますー!」ということでその大量のストラト用の塗装前のネックの中から、トラ目が控えめながら綺麗に出そうな木目のネックを2本選ばせていただいたんですね。
これで大事なボディとネックが決定しました。

image.jpg
※ 楽器屋のお兄さんだった頃のきのぴー兄やん。23〜25歳くらい?忘却の彼方過ぎて確定出来ず。(笑)

さて、次はパーツ。
うちのお店は京都でも有数の楽器屋だったのでプロのミュージシャンの方もよく出入りされてました。
その中の一人のお客さんが、USAフェンダーのヴィンテージ・ストラトの純正ペグをグローバーに換えたいというので、交換後の純正パーツはどうするのかと聞いたら「もういらんけどな」というので「え!ほな僕もろていいですか?!」「ああ、ええよ」「ヤッタ!」
おまけにヴォリュームツマミも別のものに換えられたのでUSAヴィンテージの純正ペグと純正ツマミをいただきました。w
さらに別のお客さんはUSAフェンダーヴィンテージの純正ブリッジをフロイドローズに、純正ピックアップをEMGに換えたいとのこと。
これも聞くと取り換えた純正ブリッジと純正ピックアップは別にもういらないらしい。
「きのしたくんにやったらあげるわ」。
やったー!またまた交渉成立! w
そんなこんなで、6万円したネック以外の主要パーツをあれやこれやと無料でゲット!
でも裏のプラスティックカバーとネックジョイント金具、Schallerのストラップピンと1プライのピックカバーはちゃんと購入しましたよ。w

IMGP0832.jpg

そしてここで僕の最大のこだわり。
リアピックアップだけUSAフェンダー・テレキャスターのリアピックアップに変更しました。
そしてアレンビックのブースターを内蔵。
憧れのローウェル・ジョージのストラト仕様と同じにしたんですね。
僕はアレンビックのブースターを常にONで完全に埋め込みましたけど。
ストラトのセンターピックアップとテレキャスのリアピックアップのハーフセレクトで、ネックがメイプル、ボディがマホガニーなので、何とも言えないまろやかでプリッとした音が鳴ってくれます。

****
IMGP0825.jpg

そして同じ時に入手したネックで実はもう1本のちに作ったんですね。
ボディはホワイトアッシュ。
これも倉庫の奥に捨てられていたもの。
そしてこっちのピックアップはEMGに。
アレンビックブースターもちゃんと内蔵してます。
当時ヴァレイアーツ全盛期。
ま、一本くらいEMGを持っといた方がいいのかなって。w

IMGP0827.jpg

でもこのボディが激重でね。
結局ライブでは一度だけしか使わなかったな。
それでもやっぱり愛着のあるオリジナルギターですからね。

もう彼らとはかれこれ30年くらいのお付き合い。
またこれを下げて歌う時なんてくるのかな。
バンドやろうぜ!と意気投合してドラムセットまで買ったおっさんカメラマンは池尻大橋
遠っ!
どないせえっちゅうねん。w

Mahalo!


Little Feat - Fat Man in the Bathtub


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(134)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体感 [other]

DVC00059.jpg

京都の底冷えは日本一だと西陣の人は言います。
西陣の人に「京都の○○は日本一」だというような言い方をする人が多いのは、京都という日本の中心的伝統文化を担ってきたプライドと、京都以外に住んだことがない人も多いのが原因なのではと推測します。
実際に日本一かどうかはさておき、まあそう思ってる京都の人に「他はもっと寒いよ」と諭しても、京都の底冷えが比類なく厳しいのは変わりないのでね。w
確かに僕も長年京都の底冷えを経験してきて、「京都の方が寒いな」と感じたことは実際に何度もあります。
滅多に氷点下になることのない茅ケ崎に越してきてすぐの頃。
ずっと茅ケ崎に住んでいるお隣さんが「こんなに寒いのは珍しい!」と騒いでた時、僕ら夫婦は顔を見合わせて「??」と感じたことがあります。
京都の寒さに比べてカスみたいな寒さだったにもかかわらずこの騒ぎよう。
やっぱ住んでみて初めて、それぞれの土地の環境に慣れている人たちの感覚に気が付くわけでね。
そんなふうに思った僕もこの温暖な環境に13年。
今では立派に、茅ケ崎のへなちょこな寒さにブーブー言う身体と性根に育ちました。(笑)

****

北海道で氷点下30℃を記録したそうです。
いくら京都が寒いと言ったって、濡れタオルを振り回したら凍って棒のようになる北海道の寒波より寒いはずがないわけで。
でも東北の人も北海道よりも寒いと感じてる人が多いそうですしね。
実際、その時は-30℃ではなかったにせよ、何度も行ってる冬の北海道が京都よりも寒いと感じたことはありません。
底冷えと実際の寒さはちょっと違うんじゃないかという考え方もありますし、京都で生活している時のような格好をその時はしていないからというのも考えられますし、旅行での高揚感も影響しているのかも知れません。
まあとどのつまりは体感という尺度での話ですから、そこにいて感じる温度というのは曖昧なものでね。
世の中のすべてが絶対的な数値で判断して語られることほどつまらない話はないわけでね。
「月が綺麗ね。」
「正気ですか? 表面温度は最高110℃で最低-170℃。こんな地獄のような温度差な上に大気はほぼない状態。つまりオゾン層がないから有害な宇宙線を年間500mSvもモロに浴びるような被爆天国さ。隕石などによって細かく砕かれた石が積もったレゴリス(砂)に覆われた、墓地にするのもはばかれるほど殺風景な死の世界だよ。それを綺麗だなんて君は考えられないド変態だね。」
などとは決して言って欲しくはないわけで。

人が肌で感じて、それぞれの場所で感じる表現が、実はそれぞれ正しいということ。
京都の人がいう日本で一番底冷えするという表現も、
東北の人がいう北海道なんかよりも寒いという表現も、
そう感じたのなら実は正しいのだと思います。

どんなに数値で証明されようが、月は綺麗。
それこそが、どうしようもない事実。

マハローーー!
mahaloーーー !


Grace Potter and the Nocturnals - Fly Me To The Moon

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(110)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真剣勝負 [other]

現役時代に打たれたコースに投げて抑える
規定の打席数では真剣勝負。
延長の勝負では徐々に、しかも微妙に球速を落としてゆき、高めの直球で勝負を挑む。
それでも、バッターが膝の痛みで徐々に踏み込んだ膝が外に逃げ始めたことに気が付いたら、
今度は膝が少々逃げてもレフトのポール際に運びやすいインコースへ最適な球速で投げる。
それを最後の最後でちゃんと膝を逃がさず踏ん張ってちゃんとレフトスタンドに運んだ清原くんもエラいけど。
でもやっぱり桑田くんは素晴らしい。
僕はやっぱりこのKKコンビが大好きなんです。

image-10115189217-10076383374.jpeg
001.jpeg

子供ホームランを見せたい。
そんな清原くんの想いに桑田くんが応えて実現したテレビの企画。
どうせやるなら真剣勝負、ということで2ヶ月間、それぞれが特訓を積んでこの日を迎えました。
満身創痍の清原くんの昔の勘を取り戻すための特訓のドキュメントはとても痛々しいものでしたが、
ああこれが本来のアスリートの闘争心なのだと妙に納得もするわけでね。

男の真剣勝負。
昔からよく言われる表現ですね。
でもそれはただの意地の張り合いではありません。
スポーツとはそもそも「正々堂々と己の能力を駆使して、相手より上回る」ことを目指すアクティビティです。
ゲームでありながらも、そこには最初から相手より上回ることがプログラムとして内包されているわけなので、「意地とプライド」を持って臨まないことには始まらない世界なのですね。
そこに個人対決が加わるとそのベースが顕著になってゆきますよね。
それこそが対戦スポーツの醍醐味のひとつとなるわけです。
そしてその真剣勝負に我々は感動し驚嘆するのですね。

m_E5BC95E3818DE99A9BE38080E6B19FE5B79DE381A8E68E9BE5B883-444bf.jpeg

野球というスポーツはこの真剣勝負の様相が特に色濃いスポーツです。
アウトコース高めのストレートに空振り三振をした掛布さんが、
次の打席でまったく同じコースで勝負してきた江川さんのストレートを今度はレフトスタンドにホームラン。
かつてはそういう一流のアスリートが己の技量のすべてをかけて行われる真剣勝負がそこかしこにありました。
その時代の最後の世代でもある彼らの真剣勝負は、テレビの企画といえども楽しめました。
そしてなんといっても、現役時代の真剣勝負にはない、
同じ時代を生きてきたバディに対する、高い技術に裏打ちされた「友情」を感じることが出来たのにも感動するわけでね。

子供たちも最後の最後で見れたパパのホームラン。
「パパって本当にすごいんだ!」
そういう手紙もまた僕らは感動するんだよね。w
「パパのように西武ライオンズに入る」って感動だよ。w

アスリートたちの真剣勝負。
新たな名勝負をこれからもいろんなスポーツで期待したいと思います。

Mahalo!


Black Sabbath - Neon Knights


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(108)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リセット [shonan]

IMGP0806.jpg

毎年、箱根へ向かって激走する駅伝ランナーがここの海を走ります。
僕は毎年その箱根駅伝の往路の応援に行きます。
箱根駅伝に参加するどの大学も僕の母校というわけではないので特別に応援する大学はありません。
それでも、ここ茅ケ崎に居を構えてから13年間、娘が生まれた時に京都お正月を過ごした年以外は、毎年R134に出向き、往路を駆け抜ける駅伝ランナーの応援をしています。
この大好きな茅ケ崎の海を走る箱根駅伝に参加するということ自体が大切なんですね。
初詣もそうなんですが、毎年同じことを一年の節目に繰り返すということの意味。
ああ今年もお正月が来たんだな、という実感と決意を新たにするというベタなリセットが僕には必要なのだということですね。

まあでもリセット感のスイッチが箱根駅伝じゃなくてもいいんですけどね。
毎年お正月はハワイとかモルディブとか。
「この海を見ないと一年が始まる気がしないんだよなー!」
なんて言いたいもんですけれども。
まあそうなってもそんなことは言わないとは思うけどね。(笑)

IMGP0805.jpg

僕はいつもいつも大変です。w
でもね。
やっぱり今はこの海があれば大丈夫。
大切に想うことを大切にしながら、試行錯誤して進む道を選んでゆこうと思うのです。
家族の生活も子供の未来も、僕が守ってゆかなければならないわけで。
今年も仕事環境を見直してゆこうと思います。
逡巡したり、ボロボロになったとしても、家族とこの海があれば大丈夫。
海を見てリセットしたりリフレッシュしたりして、色んな人とまた繋がって、新しい世界を見たいと思います。

それに今年こそ新しいロングボードを手に入れたいし。w

マハローーー!
mahaloーーー !


Jesse Colin Young - Mornin' Sun

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(84)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましたでおめでとうマハロー! [think]

みなさま。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

DVC00027.jpg

年末から久しぶりにゆっくり茅ケ崎にいます。
家族がダラダラとしながらも同じ時間を共有して穏やかな時間を過ごしています。
のんびり家族で初詣に行ったり
ゆっくりと本を読んだり
走ったり
散歩したり
PCを眺めたりする時間を満喫しています。
海は変わらずにそこにあって
空はどこまでも優しいわけで。

****

のんびりした時間を浜で過ごしているとよく今までの人生を振り返ることがあります。
今年50歳の大台に乗るわけだし、そういう年齢的なこともあるのかも知れません。
でも、過去を振り返り自分の生きてきた道を辿ったり思い出したりすることは、決して終わるための準備をはじめるということではありませんからね。
これからも生きてゆくためのヒントやパワーを過去の経験から導き出そうという行為なわけで、そういう導きを照合出来るくらいの経験値をすでに持ってきているということなんですね。
振り返れば自分がまだ10代の頃なんて、曲を書いてもラブソング歌詞なんてどこかから借りてきたような表現しかできないわけでね。
たくさんの経験をして
たくさん泣いて
たくさん血ヘドを吐いて
たくさん後悔して
たくさん反省して
たくさんの人と出会い別れて
たくさんの喜びを経験して
子供を含めて真に人を愛するということを経験してきた人生の道のりは
人の根源的な存在価値を絶対的なものに近づけてくれるものです。

DVC00041_2.jpg

潮を含んだ海の風はいつも心や身体を浄化してくれるような感覚を抱かせてくれます。
浜に来るたびに浄化され
今までの経験値からこれからどう進んでゆくかの道標を選び出す時間を提供してくれて
浄化された自分の中にその道標を立付けるわけです。
今年も苦しくなれば
また浜に来て
過去を振り返り、明日へのパワーを得ようと思います。

みなさまにとっても
今年は素晴らしい一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて明日は近所を走る箱根駅伝の応援にいってきまーーーーす!w

マハローーー!
mahaloーーー !


Marc Jordan- Waiting for a Miracle

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(110)  コメント(98)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。