So-net無料ブログ作成

Happiness #001 [happiness]

happiness_001.jpg

幸せなこと。

娘と一緒に海に散歩出来ること。



mahalo !


B. J. Thomas - Don't Worry Baby

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(74)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春へ [think]

chigasaki_5541.jpg

春の匂いが漂い始めましたね。
寒くて辛い冬の匂い一辺倒だったのに、
最近の日だまりや朝夕の空気に春が顔をのぞかせ始めています。
昨夜の帰路に降り出されちゃった雨。
自転車で走るアスファルトに降り始めの雨の匂い。
気温こそ冬なので感覚を間違えちゃうのですが、
その香りは春を飛び越えて
確かに夏の匂いに似てきたことに気がつきました。

夏だって。w
こんな季節にも夏を想起させるアイテムに出会えるなんて。
間違いなく季節は夏に向かってるということです。
我が家の全員が2月は運勢が停滞するらしい(奥さん談)。
なのでもうしばらくの辛抱なのかな。
あと半月もすればもう季節は春の戸口を開け始めるわけです。
メジロやウグイスの声もほどなく春を告げるはず。
心を解放する準備を始めたいと思います。
そして春本番に向けて、
幸せなことをみつけて
いっぱい書き綴っていこうと思います。

マハロー。w


Opihi Pickers- Old Fashioned Touch

マハロー。w

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(101)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Xross mag [works]

x2_H1.jpg
xross2_pages.jpg

会社から発行している雑誌が店頭に並んでます。
『Xross mag』のvol.2。
ビューティ&カルチャーのビジュアル・マガジンです。
「ビューティ&カルチャー」とか言われてもなんのことだかわかんないですよね。(笑)
まあ、ファッションやヘアメイクを軸に、ストリート・ファッション・カルチャーなどを織り交ぜた編集というかビジュアルというか。
つまりはそういう尖った雑誌なんです。w
売れてくれればいいんですけれども。w

僕が入社した時にはすでに素材も写真も編集も終わってて、レイアウトもすでに何ページかは組まれていました。
でも僕が入ったので、僕に自由に変えて欲しいと依頼されちゃいまして。
とは言っても、すでにある編集プランの元で取材&撮影がされている素材ばかりです。
「自由」にといっても限度がありますからね。w
まあ僕なりに任されたページは「アロハデザイン・テイスト」にさせていただきました。
それに全体のアート・ディレクション上の約束事として、ありがちな編集上の常識もいくつかは無視させていただきましたよ。
ノンブルの入れ方や文字並びの自由度など、ほんとに「いくつか」しか出来ませんでしたけどね。w w

でもね。
やっぱりチームで何かを作るというのは楽しいものです。
デザイナーとして、さらに仕事上において、
こざかしい遊び心を駆使して自由に組み上げるチャンスなどそんなにはないものです。
「爆発」や「遊び」をデザイン上で委ねられるなんてこういう自社媒体ならではの楽しさですからね。
なので一緒に仕事をするデザイナーたちにはもっと楽しんでもらいたいんですけどね。w

097_ange_ad.jpg

****

でも考えてみれば、
僕はフリーランスの時にそういう依頼を「受注」として受けてやってこれたんですね。
僕の裁量やセンスを欲してくれるというあの喜び。w
そういう仕事をもっともっとやりたいなとホントにホントに思います。
旅・マガジン。
サーフィン・マガジン。
そしてインタビュー・マガジン。
企画やイメージはわいてくるのに。(笑)
組める人がどんどん増えて欲しいと思います。
せっかくこんな雑誌を自社発行してしまったのだし、
いつかはリトル・パブリッシング会社にしたいななんて目論んでいたりするんですけどね。w
でも採算!採算!採算!のオンパレードはどこもしょうがないご時世ですから。
こんなものを出してる会社だとしてもパブリッシングには消極的な姿勢は基本的にあるのでね。
なかなか難しいでしょうかね。
それでも個人的には本や雑誌はやり続けるべきだと思ってるんです。
すでにこんな時代では「希求」レベルの話なのかも知れませんが、ギリギリ採算OKなら出すべきなんじゃないかと。w
新たなブランドを作ることになるわけですが、僕のこの会社のライフワークになるといいなって思ったりね。w
なるかなぁ。
ならないかもね。
まあ、つまんないことになったらまた考えるだけなんだけれども。w
今は楽しい未来を夢想して生きてゆこうかな!
そんな感じでね。

マハロー。


Bananarama - Help

マハロー。w

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(58)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自信 [baseball+volleyball]

kaito9.jpg

中学1年生だけが出場する大会が真冬の2月に行われました。
息子は肘の使い方などがなかなか改善されていないので、1年生の中でもなかなか出場機会を得られてません。
この大会は1試合目は代打で三振。
2試合目は7番ライトでフル出場でした。

一昨年の夏。
県大会で打った満塁ホームランを、今のところ人生のピークとして生きている息子。(笑)
早くあれ以上のピークを見せてくれと思っているのですけどね。
きっと彼なりに頑張っているのでしょう。
なかなか認めてもらえない経験も大事なこと。(なのか? w )
努力の結果、いろいろと成長している部分はわかるからね。
…とはいっても親心としては「息子は補欠レベルじゃないでしょう!」という気持ちも持ってはいるのですけれどね。w w
でもそれは言わないで。
モンスター・ペアレンツになっちゃダメなのでね。(笑)

****

haruna12.jpg

娘は逆。
まだ4年生なのに、2階級飛びで6年生の1部カテゴリーのチームに抜擢されました。
もちろんその中じゃ一番ヘタッぴですし試合にも出れません。(笑)
ただ娘が6年生になった時のための英才教育なのだと思います。
今のうちからトップチームのスピードや試合に馴れさせておこうということなんでしょう。
これからも流動的なことなのだと思いますが、先日の大会では14名いる4年生の中から娘を含む4人だけがトップチームに帯同していますからね。
先を見た編成を組んでいるということですね。
それに娘は選ばれたということ。
でも、さすがに6年生のレベルは違いますからなかなか試合には出れませんよね。
でも別の大会の2部カテゴリー(5年生中心)のチームの試合には出場させてもらっていました。
自分が自信をつけるというよりは今は経験を積むという感じなのだと思います。
無我夢中で上手くなろうとしている真っ最中ですからね。

****

僕は小学生の頃、たいして上手な選手ではありませんでした。
ショートの3番手の補欠。
代打で出てもクソボールを振って三振。
そんな選手でした。
でも卒業間近の試合でまぐれホームランを打ったんです。
人生初のホームランでした。
そのまま中学に入り、引き続き野球をしましたが、もちろん自分が上手な選手だとは思っていませんでした。
でも1年生の秋だったか、ある試合でいきなり監督が僕を「2番センター」で先発させたんです。
中学でも補欠だと思っていた僕はものすごくびっくりしたのを憶えています。
しかもなんと。
その試合で僕はセンターオーバーのホームラン(人生で2本目)を打ったんです。
今思えば監督の起用は大当たりだったというわけなんですが、監督から見ててそうする理由があったのかもしれませんね。
今となっては知る由もありませんけれども。
その試合をきっかけに僕は自信をつけてどんどん打ちまくりました。
すぐに2番センターのレギュラーを掴み、2年生では3番センターに定着しチームの中心選手となりました。
そして2年の終わりから3年生にかけて、エースで4番という立場でチームを引っ張ることになったんですね。

自分がそうだったからよくわかります。
息子も娘も、なにか自信を持てるきっかけさえあれば、今よりどんどん伸びてくれると思うんですよね。
しかも息子は僕の中学一年生の頃よりもすでに圧倒的に上手い選手ですから。
今年は2年生になるので中心選手として活躍してくれることを祈りながらこれからも応援したいと思います。
娘にしても、彼女の学年の頃のダメダメ選手の僕に比べれば、経験を積ませるためだとはいえ最上級生のチームに帯同させてもらえるなんて立派なもんです。(笑)
こちらはしばらくはモンスター・ペアレンツになる心配はなさそうです。w w

とにかく今は想い通りにいかないことの方が多いかもしれません。
それでも、今の自分よりも上を目指す日々を送れることに感謝しながら頑張って欲しいと願います。
そしてどうせなら僕に不憫な想いをさせないでおくれでやんす!w w
今年は大活躍を期待します。w
いや。
あえてこう言おう。
お前ら今年は大活躍しろ!w (命令形)

マハロー。w


Carl Wilson - What you do to me

マハロー。w

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(79)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベース [think]

chiga-00222.jpg

いろんな人と関わるということが人の営みの根幹だということは揺るぎありません。
でも、環境や年齢や、大きく言えば時代によってもその関わりの密度や深度は変わってゆくものです。
そういう時に思い知るのが「自分」の「ベース」です。
個性や生き方といったものに直結するパーソナル。
しかもそんな確固たる自分を認識することは大切ですが、
その自分がイケてるのかどうかはもっと大切です。

今までも、自分は多くの人に関わってきたと思っていても、
自分が心地いい範囲を無意識に限定して
その範囲で振る舞う自分がベースだと思っていることがあります。
ところがそうじゃない環境に飛び込んで
心地よくない関わりもしなくてはいけない時に
自分のベースが事を成すのに十分な対処力や処理能力を要しているかどうかを思い知ることがあるのですね。

生きてると自分の思惑と違ったり、期待してた結果と違ったりすることはありますね。
繋がりの意味を問わなければならない時もあるかも知れません。
そこで狼狽して立ち尽くすこともあるかも知れません。
こんな年齢になっても逃げ出したくなる局面がやってくるかも知れないのですね。
でも、考えてみれば、
自分のベースや根幹や志がしっかりしていれば、
大きな困難や逡巡に襲われても、
大切にしている自分のよりどころや想いが蹂躙(じゅうりん)されることは実はないんです。
時期やタイミング。
あるいは言葉足らずや勘違いなど、事を上手く運ぶにはなかなかいくつかの条件がいい感じで転んでくれないとスムーズにいかないことが多々ありますからね。
そういうときはそれを待ちながら、
自分のベースを再認識して対処することを学びたいと思うのです。

僕が世話になっている制作会社の取締役に「胃が痛くなることはないの?」と聞いたところ、
「昔はクライアントの期待に応えてあげようとか叶えてあげようと思ってそうなったこともあったけど今はない。(キッパリ!)だって出来ないことは出来ないし。w)
そうなんだよな。
胃が痛くなるということは必ず「出来ない(かもしれない)こと」の場合に起こるわけでね。
出来ることで胃が痛くなることはまずない。
そう考えれば、胃が痛くなる事なんてないんだよきっと。w w
今はそれが彼のベースだし、それが生きてゆく知恵でもあるわけでね。

ある意味限定されていった範囲で心地よく仕事をしていたフリーランス時代から、
会社員なので少々心地よくない枝葉を掻き分けながら仕事をしなければならない場合もある環境に飛び込んだ僕。
それでもベースは「Aloha Design」の木ノ下さんであることには変わりないわけでね。
生真面目さが逡巡を招くこともありますが(笑)、
基本は「なんとかなるさ。海はここにあるし。夏はまた来るしさ。」的なベースを維持して頑張りたいと思うわけさー。w

拠り所だったり生き方の基本スタンスである「自分のベース」を再認識するスイッチは常に持っておきたいものですね。w

マハロー。w

p.s.
「aaa....I love LadyGAGA
aaa...I love Beyonce
aaa...I love Madonna
aaa...I love Shakira.....」
これくらい脳天気にいきたいものです。
スイスの兄弟バンド。w
お薦め!w


77 Bombay Street - I Love Lady Gaga

マハロー。w

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(60)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

香り [home]

225555.jpg

以前、このブログだったか前のブログだったかでお話したことがあったのですが、
我が家の玄関には京都の老舗旅館、俵屋さんのオリジナル石鹸を芳香剤代わりに置いています。
本家俵屋さんでも客室に芳香剤代わりに置いているという代物です。

俵屋さんか、その近所にある「ギャラリー遊形」でしか扱ってない商品で、このギャラリーもHPがないので公式に通販はされていないそうです。
ただ探せば石鹸の通販サイトなどで手に入ることもあるらしいのですが、今回は先日奥さんが京都に所用で帰省した際に立ち寄って買ってきてくれました。
ついに我が家の在庫もなくなって、最後の一個が香りも薄くなっちゃってたのでね。

まずはこのデザインが素敵なんですね。
印鑑やハンコのような柔らかくデザインされたロゴが刻印されています。
このデザインは、当主である佐藤年さんが考えたもので、箱のロゴは旦那さんであるアーネスト・サトウ氏によるものだそうです。
作成は花王が担当。
ローズやベルガモットなどの天然香料など200種類の香りを調合して作られています。
この香りは本当に慎ましくも豊かで爽やかな独特の香りなんですね。
かすかに香る。
そんな感じで主張も強くないのですが、あるとないとではやっぱり違うんですよね。w

古くなって香りを出さなくなった石鹸は浴室へ。
普通に石鹸として使用すれば香りは復活しますからね。w

225366.jpg

日常のちょっとした満足感。
いやそれはすでに立派な喜びです。
何気ないことでオシャレを気取る年齢でもありません。
相応しいことが日常にとって必要なことであること。
自分尺度の「ちゃんとしてること」を大切にするかどうかが重要なのだと感じます。
もしかしたらこの香りである必要はないのかも知れません。
でも愛する香りがここにあることを嬉しく思う気持ちを楽しみたいのです。

皆さんもお試しあれ。
俵屋旅館の石鹸。w

マハロ。


Zucchero & Eric Clapton - Hey Man

マハロー。w

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(74)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。