So-net無料ブログ作成
検索選択

最後の大会 [baseball]

1.jpg

息子の最後の大会が終了しました。
2回戦での敗退。
2試合とも息子には最後まで出番はありませんでした。
春の故障以降レギュラーから外され、それでもレギュラー復帰を信じて頑張ってきましたが
息子の最後の瞬間はコーチャーボックスで迎えることになってしまいました。

背番号17。
大会前にそれをもらってきた時の息子の落胆ぶりはそれはそれは。
あまりの不憫さに僕自身が二日間ほどご飯が食べれなかったくらいです。
小学校から今までずっと、朝の「行ってきます!」という言葉を欠かさなかった息子が黙って朝練に行くようになってしまいました。
その後の大会前最後の練習試合でも、2試合目の控え組中心メンバーのスタメンには入ってましたが途中で2年生の子に代えられてしまったりで、完全に監督の構想からは外された形になってしまったようでした。
もうすっかり大きな絶望と深い落胆にどうモチベーションを保てばいいのかわからないようでした。

春まではサードのレギュラーでクリンナップを打ってた息子と監督の間に何があったのか。
穿った見方しか出来ないくらいに可哀想な最後となってしまいました。
元々個人的にはなかなか評価出来ない指導に対しての悪口は言わないようにしていましたから、もちろん終わったからといって溜まっていたそれらを箇条するのもどうかとも思うのでこらえますが、子供を預けるしかない親の気持ちとしてはやるかたない想いでいっぱいです。
僕も指導者の端くれなので、指導者側の選択の理由もきっとあるはずなのは承知していますから、そのことについてはあまり文句は言いたくありません。
それでも、別の指導者と出会っていたらもしかしたらと思ってしまうことはしょうがないこと。

高校でも野球を続けると思う。
そう言っていた想いはもう白紙に戻したようでした。

あまりのやさぐれ風情に僕らも心を痛めていましたが、僕は息子に初めて長いメールを送りました。
内容は秘密ですが、僕が息子をいい野球選手だと思っていることと、中学の3年間野球をやってくれてありがとうというメッセージで締めくくりました。

息子の様子に変化はありませんでしたが、いよいよ最後の大会。
久しぶりに聞く「行ってきます!」の声。
息子はコーチャーボックスで今までにないくらいに大きな声を出してレギュラーのチームメイトを励ましコーチングしていました。
最後は自分の出来ることを精一杯やろう。
そう思い直して頑張ってる様子でしたよ。
それでも最後の最後まで試合での出番を待ちましたが、やはり監督は使ってはくれませんでした。

*****

彼の中学野球。
楽しかったのかなぁ。
それとも悔しいことばかりだったのかなぁ。

そんな想いを巡らせば不憫に想うことの方が多かった気がします。
一番輝いていたのは5番を付けてクリンナップを打ってた半年前か。
あの時の息子が僕の知ってる楽しそうに野球をやる息子の姿です。
今はせめて彼の野球時代がいい思い出として残ってくれることを祈るばかりです。

お疲れさま。
よく頑張ったよ。
またいつか野球をやる姿を見たいな。
お前はいい選手だよ。マジで。
でもいよいよ受験モードだけどな。w w

Mahalo!


Lowell George - Twenty Million Things - Thank's I'll Eat It Here


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation

nice!(84)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 84

コメント 22

cafelamama

高校に入り、別の指導者のもとでなら、
もういちど野球をやる姿が見れるかもしれませんね。
by cafelamama (2013-07-20 16:47) 

yoko-minato

うーん、難しいですよね。
私は指導者たるもの、子供たちの心を
もっと大切に学びのスポーツとして、子供たちと
向き合ってほしいなと思っています。
単純に勝つことだけがスポーツの持つ役割では
ないのだと思いますね。
息子さんはきっと別の指導者のもとだったら
生き生きと力を発揮できると信じます。
by yoko-minato (2013-07-20 17:50) 

JUNKO

つらい経験だったと思いますが、必ず大っきな力となって息子さんの心に残ると思います。未来に別な出会いがあると信じます。
by JUNKO (2013-07-20 21:34) 

yakko

こんばんは。
ものすごい試練でしたね。きっと乗り越えて
もっと逞しい少年に成長されると思います。
by yakko (2013-07-20 22:49) 

TOKA102

alo-hadさん、はじめてコメントさせていただきます。
息子さん、すごくかっこいいと思うのです。
懸命に努力しても、思いが届かなくて、
そしてすごくやさぐれて、
でも、最後にはチームのために声を出す。
中学時代の自分と、いや今の自分と比較しても、
ありえないほどかっこいい生き様です!

悔しいかもしれませんが、
息子さんがしてきたことは、
なかなかできることではないと思います。

もうすでに前を向いていらっしゃると思いますが、
これからも、そんなかっこいい生き方をして
色々と頑張って欲しいと密かに思っています!

野球を続けるにしても、しないにしても、
それだけの努力と姿勢が、
きっと何かに結実すると信じておりますし、
結実して欲しいです!
by TOKA102 (2013-07-21 00:14) 

orange

お久しぶりです。
「子供を預けるしかない親の気持ち」お察しいたします。
息子さんはグラウンドで、これからの人生を生きる力を頂いたのでしょうね。そして支えてくださった家族との絆と。
愚息は、中学ジュニアリーグで疲労骨折をした後、高校では陸上部へ入りました。そこで人生の友をたくさん見つけたようです。
by orange (2013-07-21 00:59) 

sumijuni

小学生の野球チーム指導者の集まりでも
よく話になります
自分の息子が 中学校や高校で試合に
出られない話です

私は 投球と打力が ポイントだと思います
守備と走塁は そこそこでも
エースか 4番の力があれば レギュラーです

出場できない選手の お父さんは
コンパクトなバッティングや 正面での補球を
力説しますので 私は黙って聞いています
あえて 反対意見は述べません

小6の息子には エースで4番を狙う気持ちで
共に練習しています
その内 現実の壁にブツカッタ時に どちらかに
絞らなければ ならないかもしれませんが
ホームランの失敗がヒット という考えは
たぶん変わらないでしょう

by sumijuni (2013-07-21 08:08) 

oko

なんか・・・感動してしまいました。
最後の「いってきます」その言葉が出るまで
色々心の中で乗り越えたんではないでしょうか?
指導者は選べませんからね・・・辛いところ
ですよね・・お稽古ごとなら、ここは合わないから
って簡単に変えられますがそうもいかない。
中学3年間・・色々な事があったけど、息子さんは
部活を通していい仲間と出会えたのではないでしょ
うか・・いつまでも語り合える仲間と・・・
そうだったら嬉しい事ですよね。
これから受験を乗り越えてまた自分の道を進んで
行くのでしょうねっ
しばらくは勉強三昧ですか・・・
by oko (2013-07-21 08:16) 

alo-had

cafelamamaさん>
ありがとうございます。
そういう日がくるといいなと思います。w
by alo-had (2013-07-21 08:49) 

alo-had

yoko-minatoさん>
いろんな指導者がいますから、相性もあるのだと思います。
それも運だし、そんな運も関係ないくらいの実力を持った選手もいます。
でも実際に自分の子供の立場になると上手くいってないと、実力を差し置いてでも不憫でね。w w
いい経験にしてくれたらいいなと思います。
by alo-had (2013-07-21 08:51) 

alo-had

JUNKOさん>
ありがとうございます。
きっといい想いをしたこともあったんだと思います。
大好きな野球がまた出来ますように。
by alo-had (2013-07-21 08:53) 

alo-had

yakkoさん>
誰かが外れて誰かが出る。
そういうスポーツですから仕方ありませんね。
でもせめていい思い出として残ってて欲しいものです。
これからも応援し続けますけど。w
by alo-had (2013-07-21 08:57) 

alo-had

TOKA102さん>
ありがとうございます。
息子は息子なりに現実を受け止めて頑張りました。
僕から見てもっと評価してもらっていい選手だとは思いますけど。(笑)
でも明日を向きはじめていると思います。
これからも応援したいと思います。
by alo-had (2013-07-21 08:59) 

alo-had

sumijuni さん>
いろんな意見や考え方はありますからね。
僕自身がエースで4番でしたからよくわかりますが、そういう才能やセンスがある選手がいい思いをするスポーツです。
自分の息子がそういう居場所を狙える選手ならそういう考え方にもなるかも知れません。
でもそれは強者の理論。
文句いうならそういう選手になればいい、それが出来ない選手は文句を言うなというようなそんな極端で単純な話ではないと思ってます。
でも確かに肩と打力は大事。
打力も伸び悩んだのかな。
肩と守備力はチーム1、2ですから、本当に実力だけのセレクションならそこが問題だったのかな。

まあ、自分もセレクションする側にいますから難しいことはわかってるんですよ。
エースで4番じゃない息子を持った親の負け犬の愚痴だと思って聞いて下さいよ。w
by alo-had (2013-07-21 09:10) 

alo-had

orangeさん>
ありがとうございます。
いい経験になっててくれればいいんですけどね。
きっとほどなく前を向いて新たな想いを持って何かを決断してゆくと思いますが、これからも応援したいと思ってます。
by alo-had (2013-07-21 09:12) 

alo-had

okoさん>
ありがとうございます。
そうですね。
あの期間は2週間ほどありましたからね。
息子は息子なりに何かを諦めたり後悔したり切り捨てたりしたんでしょうね。
でも僕はそんな息子を見守り応援するしかありませんからね。
あんないい選手がやめてしまうのはもったいない。
単純にそう思うだけなんですよ。w
by alo-had (2013-07-21 09:16) 

sarusan

難しいのでコメントは控えさせて頂きますが、息子さんの考えを尊重する事を願います。
by sarusan (2013-07-21 20:30) 

alo-had

sarusanさん>
ありがとうございます。
そうですね。
息子が一番輝くことを見つけてくれればそれでいいんです。
by alo-had (2013-07-21 20:44) 

mari

最後の大会の日の
「いってきます!」の声。
どんな思いで試合へ向かったのだろうと思うと
胸が締め付けられます。

中学校3年まで野球をやり遂げた息子さんへ。
☆お疲れ様でした☆
by mari (2013-07-21 20:48) 

alo-had

mariさん>
ありがとうございます。
そうですね。
彼の中での折り合いの付け方やその時間がどういうふうに過ぎていったのかはわかりませんが、ちゃんと最後の試合にはなんとか整えてくれたのだと思います。
これからも彼がやりたいことを応援したいと思います。
by alo-had (2013-07-21 23:26) 

DEBDYLAN

お疲れさまでした!!
しばらくは勉強頑張らないとっすね^^;

by DEBDYLAN (2013-07-22 00:22) 

alo-had

DEBDYLANさん>
ありがとうございます。
そうですね。
ちょっと休んでまた頑張ってもらいますよ。w
by alo-had (2013-07-22 23:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。