So-net無料ブログ作成

母親 [think]

IMGP0285.jpg

2013年3月1日の朝日新聞の声欄にこんな投書がありました。

****************************************************************************

サッカーのポジションは駐車場

     会社経営 稲若健志(栃木県鹿沼市 33)

小学校からサッカーを始めプロ選手になりましたが、何と言ってもつらかったのは中学校の部活時代です。
サッカーの名門校で夏休みは朝から晩までボール拾い。
しかも、ポジションはグラウンドの中にはなく駐車場の担当でした。
日曜日は先生たちの車をボールから守るために下級生と一緒に立たされていました。
つらくて何度もやめようと思いましたが、やめられない理由がありました。
それは「頑張ってね」とだけ言って、お弁当を作ってくれる母親がいたためです。
その一言を励みに必死に努力し、ついに試合に出られる日が来ました。
ただ、母親にはこれまでのこともあり、言えませんでした。
当然、母親は来なかったのですが、試合には勝ちました。
昼にお弁当を食べようとふたを開けてみると、何と赤飯に一言だけ「おめでとう!」と書いてありました。
母親はすべてを知っていたのです。
その日のお弁当は、涙でしょっぱかったことを忘れられません。

****************************************************************************

朝、食事をしながら号泣。w
子供を持つ親なら誰でも感動するし、
特に年頃のスポーツをしている子供を持つ親ならさらに涙腺を崩壊させると思います。

****

母親と言うのはこういうところがありますよね。
この投書のままに出来るかと問われれば、もちろん千差万別、人それぞれ違うとは思います。
それでも、母親には子供の辛い時期をやさしく見守る、という深く大きな愛情が備わっているようです。
僕なんかだったら、きっともっと直情的です。
もし理不尽なパワハラに息子たちのチーム全員が辞めたいくらいだと言い出したら。
「よっしゃ!いっぱつそいつをシメにいったるわ!」とか言って、
お前なんかのせいで子供たちが一生懸命6年も7年も続けてきたスポーツを辞めさせてたまるか!的勢いで乗り込んでしまいそうな覚悟満々です。(笑)
でも、このお母さんは(お父さんも)そうしなかったんですね。
投書を読むと、この方はそれを乗り越えてプロ選手にまでなっているわけです。
その境遇もあって、このお母さんの愛情を実感出来たわけだし、
実際には(中学生には理不尽だし辛いことですが)すごく鍛えられた部分はあったはずですからね。

子供が一生懸命に打ち込むことに対して
親が出来るサポートの在り方を考えさせてくれる
素晴らしい投書だったと思います。
僕も見守れるかなぁ。
やっちゃってくれた方が喜ぶ場合もあるとは思うけれども。w

でもやっぱりお母さんには勝てないやね。
勝とうとは思ってませんけれども。(笑)

マハロ!
mahalo !


The Birds - Don't Look Back!

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(127)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 127

コメント 41

ゆうみ

殿には殿の役割 姫には姫の役割があると思うの。
それは男女差別とかじゃなくて 持ち分的なものね。

by ゆうみ (2013-03-02 00:48) 

JUN

ご訪問ありがとうございました。
投稿文にもらい泣きです。 (´▽`*)
by JUN (2013-03-02 12:19) 

RuddyCat-Lalah

母親の持つ慈愛の心、この慈しみに子供は
気づいてくれるかそれさえも母にとっては
関係ないですね。見守るという事はこういう
事でしょうね。

by RuddyCat-Lalah (2013-03-02 12:26) 

yoko-minato

私もこの投稿を読みました。
母親の気持ちも何よりも当人の気持ちも
素晴らしい受け止め方だと思いましたが
何よりも腹立たしかったのは教師たちの
車を守る為に大切な練習時間を費やしている
生徒のことをなんとも思わない教師(指導車)
に対してでした。
by yoko-minato (2013-03-02 12:32) 

獏

素敵なお話を有難うございます
我が家の次男坊もサッカーを頑張っていますが
私が側にいないのでいろんなことがあっても
直ぐには知り得ないのが少し寂しいですね。。。
もちろん監督やコーチやその他運営には
一切口を出しません~(@@;))))

by (2013-03-02 14:08) 

haku

幾つになっても、母親には頭が上がりません
大事にしなくては... ^^;
by haku (2013-03-02 14:25) 

うさこ

何も言わずそっと見守る・・・簡単なようで難しいことですよね。
とっても素敵なお話です。
by うさこ (2013-03-02 16:42) 

sumijuni

人生楽しい事ばかりではありませんね。
つらい事の方が多いです。
それを盛り超えて良い思い出にしたいものです。
私も、星十徹としてそう思います。
黙って、心の中で応援ですね。
by sumijuni (2013-03-02 16:57) 

yakko

こんにちは。
思わずもらい泣きしました・・・
スゴいご両親ですね。親も子も忍耐と努力ですね〜
この時期があってこそ花開く時がやってきたんですね。
by yakko (2013-03-02 17:06) 

aya

いいお話ですね!
親って 無償の愛、有難いですね(*^。^*)
by aya (2013-03-02 20:41) 

Rinko

ウルウルしちゃう話ですねー。

「母は強し」ですね。
自分の子供を守りたい気持ち・誰よりもかわいいと思う気持ちは、どの母親にもあると思いますが、それをどう表すかですよね。
素敵なお話です。^^
by Rinko (2013-03-02 22:17) 

yuuri37

私も母親だよん(笑´∀`)
by yuuri37 (2013-03-02 23:25) 

そら

母親ってすごく大きな存在。
まっすぐに凛とした存在。
私の母は怖かったですw
何も言わないし、叱られた事もないけど、逃げ出したいと思った時の一睨みが怖かった。
とても母としても女性としても尊敬してます。
by そら (2013-03-03 01:05) 

jun-ar

niceありがとうございます
by jun-ar (2013-03-03 07:29) 

まつみママ

以前 テレビの コマーシャルで
” おかあさ~~~ん” と呼ぶ子供の声で
確かハナマルキのお味噌の宣伝だったと思います
耳に飛び込んで来る度に・・・(;一_一)・・でした
丁度 その頃 大切な母を亡くし 悲しみの最中
でしたし 今でも 母の事は深く心の奥に刻まれ
何時も 何かにつけ思い出してしまいます
例えば 好きだった場所 とか特に食べ物等々
今は遠く 逢う事は出来なくて仕舞ったけど
何時でも 私の心の中で 一緒ですvv 
by まつみママ (2013-03-03 12:20) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

人目にはつきにくい裏方さんの地味な働きがあるからこそ、と
超一流の選手となった人たちはいつもそう言います。
こういう目立たない仕事をしている人たちにこそ、きちんと
挨拶・感謝の言葉をかけよう、と誰かが本に書いてましたので、
実践しています。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2013-03-03 17:12) 

DEBDYLAN

僕も号泣しちゃいました・・・
母親は特別な存在ですよね。
僕も勝とうなんて思いません^^;

by DEBDYLAN (2013-03-03 17:13) 

cafelamama

いいお話です。
母親の愛情の深さを感じる話だなぁと思います。

by cafelamama (2013-03-04 08:33) 

alo-had

ゆうみさん>
そうですね。
ちゃんとパパの役割をこなしたいと思います。w w
by alo-had (2013-03-05 15:41) 

alo-had

JUNさん>
グッときちゃいますよね。w
最近特に脆くなっちゃってね。w
by alo-had (2013-03-05 15:41) 

alo-had

RuddyCat-Lalahさん>
息子や娘のことを見守る感じが
僕とはまったく違うなぁと感じることがあります。
僕なんかレギュラーになれないならものすごく不憫に思ったりしちゃうんですけどママはそんな感じでもないしね。
by alo-had (2013-03-05 15:44) 

alo-had

yoko-minatoさん>
そうですね。
それはもはや指導ではないですしね。
舎弟や道具扱い。
そういう学校はたくさんあるのでしょうね。
by alo-had (2013-03-05 15:46) 

alo-had

獏さん>
預けたからには信じるしかないですからね。
そこで自分の子供がどんなふうに頑張ってるのか。
なかなかわからないものです。
でも頑張って欲しいと常に思ってます。
口うるさく言わないでおこうと心に決めてますけどね。w
by alo-had (2013-03-05 15:48) 

alo-had

hakuさん>
ほんとにそうですね。
大事にしないとね。
by alo-had (2013-03-05 15:49) 

alo-had

うさこさん>
そんなふうに出来たら最高なんですけれどね。w
by alo-had (2013-03-05 15:52) 

alo-had

sumijuniさん>
子供を甘やかすわけにもいかず、
でも心の中では素敵なことがたくさんあって欲しいと願っています。
でも時々は厳しくしないとね。w
難しいものですが、基本子供を信じたいと思います。w
by alo-had (2013-03-05 15:55) 

alo-had

yakkoさん>
「かわいそうだなぁ」なんて思っていても自分に出来ることで応援するしかないわけでね。
夫婦間でもきっと話したことはあるんだろうなって。w
by alo-had (2013-03-05 15:58) 

alo-had

ayaさん>
ほんとにそう思います。
自分もそうしてあげたいものです。w
by alo-had (2013-03-05 15:59) 

alo-had

Rinkoさん>
人それぞれの愛し方もありますから、
なにが正しいのかという話ではありませんが、
親が子供を支えるひとつの素敵なケースではありますよね。
出来るやり方で支えてあげたいと思います。
by alo-had (2013-03-05 16:02) 

alo-had

yuuri37さん>
そうでした!w w
by alo-had (2013-03-05 16:03) 

alo-had

そらさん>
そんなに怖かったお母さんなのに
すごく尊敬出来るということは
ちゃんとお母さんの愛情を感じ取っていたということですよね。
過ぎてから感じることはたくさんありますよね。
僕も親になってから知ったことがいっぱいあります。w
by alo-had (2013-03-05 16:05) 

alo-had

jun-arさん>
こちらこそよおこそです!w
by alo-had (2013-03-05 17:28) 

alo-had

まつみママさん>
そうだったのですか。。。
お母さんの存在は計り知れませんね。
実際にそれを実感する時はどんな時なのか。
大切にしたいと思います。
特に僕は母にたくさん迷惑をかけてきましたから。
by alo-had (2013-03-05 17:32) 

alo-had

Lonesome社っ長ょぉ〜さん>
そうですね。
裏方の支えがあってという意識はちゃんと持っておかないとね。
親の愛とはまさに裏方。
そしてこの裏方は報酬を求めていませんからね。
感謝したいと思います。
by alo-had (2013-03-05 17:34) 

alo-had

DEBDYLANさん>
母は強し。
そして深い愛。
真似は出来ません。
親父は親父らしく貢献しましょう!w
by alo-had (2013-03-05 17:38) 

alo-had

cafelamamaさん>
男親はどうしても「頑張れよ!もっと」とか「見返してやれよ!」とか思っちゃうんですけど、母親は「元気ならいいのよ」という感じが根底にある感じ。
大きいな。やっぱり。
by alo-had (2013-03-05 17:41) 

junko-a

ホント涙がでました
私は母を亡くしてからその大きな存在に気づきました
私も子供二人の母親だけれど・・・ どぉなんでしょ?
by junko-a (2013-03-05 19:08) 

Inatimy

黙って見守るのはなかなか難しいことですよね。 
内緒にしていた授業参観に母親が来ていた時には
心臓が凍りそうになった覚えが・・・。
母親は何でもお見通しです。
by Inatimy (2013-03-05 20:08) 

alo-had

junko-aさん>
自分の立場になってみると、親と言っても常にぺーぺーですから。
自分の親もそうだったのかなぁって。
子供への愛は親になって初めてわかるものですし、
親への感謝は失ってからとも言われますからね。
大事にしたいです。
by alo-had (2013-03-06 00:15) 

alo-had

Inatimyさん>
親ってなんでもお見通しです。ほんとに。w
今子供たちに対して、
「ああ。こうやって黙ってくれてたんだな」
なんて思うことがよくありますから。w
by alo-had (2013-03-06 00:17) 

mari

私も思わずウルッ><
親の存在は偉大で尊いです。
by mari (2013-03-20 18:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。