So-net無料ブログ作成
検索選択

いつか向こうで [think]

DVC00056_3.jpg

古い友人が亡くなりました。
バーで倒れてそのまま逝ってしまいました。
まさに急逝でした。
同じ歳のクリエイター仲間。
僕らは同じ時代を共にペーペーから一緒に立ち上がってきたデザイナーカメラマンでした。
何度も喧嘩したし、何度も助け合った。
いや。助けてくれた、が正しいか。
大きな時間の流れや時代の隆盛と共に僕らの絡みも少なくなり
彼の個人的な問題もあって近年は疎遠になってました。
それでもつい最近も上手くやってるというのを人の噂で伝え聞いたりして安心したりしてたのですけれどね。

ほぼ半世紀を生きてきた道。
死は身近な存在になりつつあります。
いや。
昔からずっと死は僕らの側にあったのですけれども、リアリティとしてそこに存在し始めたという感じです。
友人に限らず、親の世代、少し上の先輩世代など
生が限定だと認識することもなかった子供時代に経験する死とはまったく違う存在感でそこに突然現れます。

人の死に遭遇するといつも思うことがあります。
「彼(彼女)は幸せだったか」
それは長い人生を俯瞰しての評価でもいいし、亡くなった直前の状況でもいい。
故人が幸せな日々を送っていたのかどうか。
そこは想像するしかないのですけれどもね。
もし幸せじゃなかったとしたら…
あるいは幸せだったとしたら…
亡くなってしまった今
どちらも辛いことには変わらないのですけれど、
せめて、直前の日々が美しかったと認識していたとしたら
少しは浮かばれるような気がしてね。
だって自分がそうありたいと強く強く願うから。
子供時代に遭遇する身近な人の死と決定的に違うのは
その故人の人生や願いに想いが及ぶからなのですね。
そして自分の死と何かをリンクさせてるからなのだと思うのです。

彼は幸せな日々の中で逝けたのか。
彼の死は大切な人たちが哀しんでくれるようなものだったろうか。

それは言い換えれば
僕は幸せな日々の中で逝けるのか。
僕の死は大切な人たちが哀しんでくれるようなものだろうか。
そういうことなんです。

胸の奥が痛いものですね。
もうパートナーとかコンビとか呼べるような間柄ではなかった友人であっても、そういう時期が確実にあった友人の死はやはり特別です。
僕と奥さん結婚式の直前に彼が撮ってくれた二人の写真が今も飾ってあります。

彼の友人が企画して彼の追悼写真展が京都と東京で開催されるという噂。
彼の死は間違いなく大切な人たちが哀しんでくれるようなものだったようです。
たくさんの人に迷惑をかけ
たくさんの人を無条件に助けた故人を
今は偲びたいと思います。
さようなら。
いつか向こうでまた喧嘩しましょう。

マハロ!
mahalo !


Kanjani8-glorious

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ DTPデザインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ALOHA DESIGN ON BLOG English translation
nice!(67)  コメント(21)  トラックバック(0) 

nice! 67

コメント 21

cafelamama

友人の死というのが、リアルに感じる年頃になりました。そして、幸せな日々の中で逝けるのか、という問いにもハッとさせられます。この頃思います。
会いたい人には会っておく。やりたいことはやっておく。
行きたい場所には行ってみる。見たいものは見る。
全部できないかもしれないけど、
そういうことをあきらめずに暮らしていきたいものです。
かつてのパートナーさまのご冥福を祈ります。

by cafelamama (2012-11-05 22:30) 

リキマルコ

私もこのごろそういうことがちょくちょくあります・・・
そういう歳になったのかなぁと今までの自分を振り返ってみたり、自分と置き換えてみたりして少し怖くなったりもします。

突然のことで悲しみに包まれて居られると思います、でも亡くなられたご友人がそばで心配されていますよ・・・早く元気になってくださいね。
ご冥福をお祈りいたします。
by リキマルコ (2012-11-05 23:10) 

ゆうみ

昨年の震災で多くの縁ある方々を亡くしました。
その時に 幸せな生涯を暮らせたか?と心の中で尋ねました。
その直後自分の父を病気で失い私は力を振り絞って暮らしたの。
あまりにも突然の悲しみ ご冥福を心よりお祈りします。
by ゆうみ (2012-11-05 23:32) 

555555

難しいです。色々意味があると感じます。同じ時間を過ごした事にも意味があると思います。慕われた方ですね。
by 555555 (2012-11-06 00:30) 

さくらこ

悲しんでくださる人がたくさんいるのなら
きっと素敵な一生だったのだと思います。
ご冥福をお祈り致します。
by さくらこ (2012-11-06 00:41) 

タイリン

死を見近に感じるから
今を見つめ直すことがよくあります。

自分は今
人生を終えて後悔しないか?と
問いかけるとこの瞬間を大切に生きないといけないな。
もっと初心に戻らないと…なんて
あるべき立ち位置に引き戻されるこの頃です。

いつかやってくるだろうから
できることを楽しんで経験しよう。
と思えるようになりました。

マハロ!

by タイリン (2012-11-06 01:58) 

リン

確かに年を重ねるごとに死が身近なものになっていきます。
うまく言えませんが、alohadさんの言葉が胸に染み入ります。
by リン (2012-11-06 18:39) 

yuuri37

死は公平にやって来ます。逃れる事のできないものとして。生まれたときから、目を閉じ眠るという臨終の練習を始める。いつか目覚めない時がくる。朝、目覚めた時、生きている事に感謝して、今日も頑張ろうって思うの。
by yuuri37 (2012-11-07 20:43) 

ラブ

昔は祖父母の世代が亡くなり、そのうち親世代が亡くなることになり、
同年代で急逝する方も増えて来ました。年を取っていくって、そういう
事なんでしょうね。哀しい。そういう経験、少ない方がいいのに…。
お友達、短かったけど悔いのない人生だったと思います。

by ラブ (2012-11-10 14:18) 

alo-had

cafelamamaさん>
そうですね。
出来るだけ悔いのないように過ごしてゆきたいと思います。
いつか必ずやってくるみんなとのお別れに備えて。

by alo-had (2012-11-10 20:29) 

alo-had

リキマルコさん>
そういう歳になってきましたね。
で、そういうことを考えるようになりました。
もっと身近な人が亡くなってゆくはず。
自分がお別れする時がくるかも知れない。
そういう日々が出来る限り美しい日々でありますように。
by alo-had (2012-11-10 20:32) 

alo-had

ゆうみさん>
そうでしたね。
あの震災はゆうみさんにとってものすごい出来事でしたもんね。
かなり衝撃的な災害でしたし深く心を痛めたし、いろんな事を考えさせられる出来事でしたが、僕はあの震災で直接的な知人を失ってはいません。
その想いは想像を超えるものだと感じていました。
そういうことを知人を失って初めて実感しなければいけないのかと思うと、自分の想像力のなさを実感したりします。
by alo-had (2012-11-10 20:37) 

alo-had

555555
月島温泉の場所、返せなくてごめんなさい。
自分iPhoneやろ?
調べなさい。
w w
by alo-had (2012-11-10 20:38) 

alo-had

さくらこさん>
ありがとうございます。
本人的には悔いを感じる暇もなく
そこにいっちゃったんだと思います。
深い悲しみをたくさん振りまいて。
by alo-had (2012-11-10 20:40) 

alo-had

タイリンさん>
お久しぶりです。
悔いのないように、
楽しいことはやる。
きちんとしなければいけないことはやる。
会う人には会う。
行きたいところには行く。
出来る限りそうしたいものですね。
by alo-had (2012-11-10 20:49) 

alo-had

リンさん>
最近そういう感じになってきましたよ。
身近な人だけでなく、有名人でも、
今までそこにいて当たり前だった人たちがどんどん亡くなられてますからね。

by alo-had (2012-11-10 20:50) 

alo-had

yuuri37さん>
そうですよね。
yuuri37さんは悔いのないように生きようとしている感じがあって素晴らしいです。
僕もそうなりたいなと思います。
by alo-had (2012-11-10 20:52) 

alo-had

ラブさん>
故人が僕との出会いを喜んでくれてた時期があったことを聞いて嬉しく思います。
そういう輪の中に自分はどれだけ入れるのか。
これからの生き方はもっと大切になるような気がしてね。
by alo-had (2012-11-10 20:57) 

ケロヨン

本当に、このところ死について考えない日はないかもしれません。
側にいる人と、日々を大切に慈しんで生きること。
毎日が愛おしいです。


by ケロヨン (2012-11-10 22:19) 

alo-had

ケロヨンさん>
愛おしいと感じれる毎日を過ごせるということは素晴らしいことですね。
僕もかみしめて生きてゆこうと思います。
by alo-had (2012-11-11 20:16) 

DEBDYLAN

ときどき考えちゃいます。
前向きに行こうと思っても現実的にね。
ご友人のご不幸、心からお悔やみ申し上げます。
空の上から見られてますよ。
今以上にalo-hadさんが飛躍しますように。
それがイチバンの供養だと思います。
偉そうにごめんね。

by DEBDYLAN (2012-11-12 21:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。